Rackspaceが発表したOpenStack、その背景でOpen SourceとOpen Coreの違いを考察

Rackspace Hosting社が、OpenStackと呼ばれるオープンソースの提供を発表し、Intel、Dell、AMD、そしてNASA等、多くの企業から支援を受ける形で話題を呼んでいる。 
クラウドの共通APIの制定や、クラウド間のアプリケーション互換性を保証する議論が業界内、特に主要クラウドベンダー同士で行われているが、今ひとつそれぞれの事業モデルに合致する方法論が見出される事なく、独自仕様のクラウド環境が乱立する市場が形成されているのが現実。

Rackspace社も同様の立場におり、本来なら自社の顧客を独自仕様で囲い込みをし、他社プラットホームに移行させない様にする戦略を取るのが定石であろうが、Amazon Web Servicesに続いて、世界で第2位の規模を誇るクラウド上にベンダーがあえてオープンソースの動きに出たのはいくつかの理由があげられる、と言える。

http://wp.me/pt7tU-cB

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s