Monthly Archives: October 2010

Content Stacks

Yep, content does stack, and I wanted to describe some of the content stacks we have going now. It’s like pimp my ride, where’s the noun and where’s the verb?

Stacking Up
The OpenStack community has embraced technical content and the surrounding community is hungry for more. We’ve had great contributions from community members. A couple of highlights to me are the enthusiasm and friendly lines of questioning by David Pravec (alekibango on IRC), plus his outlines in Etherpad have been excellent starters for Nova manuals. He also feels passionately that we are creating manuals, not guides, providing exact information rather than just guidance. We also had Stephen Milton (grizzletooth on IRC) step up and take the Swift All In One page and test it on multiple servers, providing a brand new multi-server installation and deployment page that we’re still drafting. A student in Florida, Eric Dorman (Orman on IRC), who is studying security in the clouds, is writing security documentation for OpenStack. This turnout encourages me so much, thanks all.

http://www.openstack.org/blog/2010/10/content-stacks/

Advertisements

Microsoft が OpenStack に参加する背景を GIGAOM が解説

昨日(10/21)、 OpenStack のフル・バージョンが利用できるようになった。 そして、今日(10/22)、とても大きな出来事があった。 つまり、この活動に、Microsoft が参加したのだ。少なくとも、間接的には、そう見える。。。 今回のオフィシャルな発表によると、Cloud.com が CloudStack で Hyper-V をサポートするための、テクニカルなガイダンスとアシストを Microsoft が提供する。 それが完了すると、 Cloud.com は、『 Windows Server 2008  R2 Hyper-V 上で OpenStack をサポートするためのコードを開発 』し、それを OpenStack コード・リポジトリに加えることになる。

http://wp.me/pwo1E-1Wu

OpenStack が Microsoft から、Hyper-V サポートを獲得 – All About Microsoft

OpenStack プロジェクト(RackSpace/NASA/他のパートナーにより結成されたオープンソース・クラウド・コンピューティング・プラットフォーム)が、Microsoft からのサポートを手に入れることになった。Microsoft における10月22日のオフィシャルなコメントによると、Windows Server 2008 R2 HyperーV の、OpenStack へのインテグレーションとサポートを提供するために、Cloud.com とのパートナーシップを進めている。 Cloud.com は、OpenStack に参加し、貢献している企業である。

http://wp.me/pwo1E-1W8

オープンソース・クラウド基盤ソフト「OpenStack」がマイクロソフト「Hyper-V」をサポートへ

米国Microsoftはクラウドの普及促進を目指し、異例の動きに出た。オープンソース・プロジェクトに参加したのだ。
 米国Cloud.comは10月22日、Microsoftと協力し、オープンソース・プロジェクト「OpenStack」のソフトウェアとMicrosoftの仮想化技術「Hyper-V」に互換性を持たせることを明らかにした。
 OpenStackプロジェクトは、米国RackspaceとNASA(米国航空宇宙局)が7月、企業がデータやアプリケーションをクラウド間で容易に移動できるようにすることを目指して開始した。Rackspaceは、自社の従量制のオンデマンド・サーバ「Cloud Servers」とオンライン・ストレージ・サービス「Cloud Files」の基盤ソフトウェアのコードを寄贈しており、NASAは、同局のクラウド・プラットフォーム「Nebula」の基盤ソフトウェアを寄贈している。

http://www.computerworld.jp/topics/cloud/189597.html

Announcing The OpenStack 2010.1 “Austin” Release

By now, most of you have heard that yesterday we released the inaugural version of the OpenStack Cloud Computing Platform. The OpenStack project is comprised of two major subprojects, OpenStack Compute and OpenStack Object Storage.

Where is it?
OpenStack Compute:
Nova Cloud Computing Fabric
Glance Image Registry and Delivery Service

OpenStack Object Storage:
Swift

What’s new?
OpenStack Compute (Nova)

Multi-hypervisor support: Compute now supports KVM, QEMU, User-Mode Linux and Xen, are supported through libvirt and XenServer is supported by a nifty abstraction and plug-in contributed by Citrix.

API changes: In addition to the EC2, Compute has added a native OpenStack API that is based on the Rackspace Cloud Servers API. We are excited to have an API that we can extend. We also added support for EC2 Security Groups.

http://www.openstack.org/blog/2010/10/announcing-the-openstack-2010-1-austin-release/

NTTデータなど、「日本OpenStackユーザ会」を設立

NTTデータなど8社/団体は2010年10月22日、オープンソースのクラウド基盤構築ソフト「OpenStack」のユーザー会である「日本OpenStackユーザ会」を設立した。OpenStackは、米国のNASA(航空宇宙局)や大手IaaS(インフラストラクチャー・アズ・ア・サービス)事業者である米ラックスペースなどが開発を進めるソフトで、10月21日(米国時間)にソフトのダウンロードが始まった。

 OpenStackは、仮想マシン管理ソフトの「OpenStack Compute」と、ペタバイト級の分散ストレージを構築するソフトである「OpenStack Object Storage」の二つで構成する。いずれもNASAやラックスペースが、自社のために開発したものを、オープンソース化したものだ。日本OpenStackユーザ会は、これらOpenStackのソフトウエアに関するニュースやマニュアルの日本語化のほか、セミナーや勉強会を通じて、日本におけるOpenStackの普及を図る。

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20101022/353327/

OSSのクラウドソフト「OpenStack」の普及目指すユーザ会設立

NTTデータら5社/3団体は10月22日、オープンソースのクラウド基盤ソフトウェア「OpenStack」の情報発信、普及を目指し「日本OpenStackユーザ会」(JOSUG)を設立した。クラウド基盤ソフトウェアを包括的に扱うコミュニティ、「オープンクラウドキャンパス」の分会として活動していく。

 OpenStackは、汎用的なPCサーバやネットワーク機器を用いてIaaS型のクラウドコンピューティング環境を構築できるオープンソースソフトウェア。米Rackspaceの技術やNASAのクラウドコンピューティングプラットフォーム「Nebula」を下敷きにしている。仮想プライベートサーバ群を提供する「OpenStack Compute」と、ペタバイトクラスのストレージを提供する「OpenStack Object Storage」という2つのプロジェクトがあり、Apache 2.0ライセンスの下公開されている。

 JOSUGでは、OpenStackに関するニュースやマニュアルなどの情報を日本語で提供するほか、日本独自の解説文書の公開、セミナー/勉強会の開催などを通して、日本国内におけるOpenStackの普及を推進していく。設立メンバーには、NTTデータ、NTTデータ先端技術、仮想化インフラストラクチャ・オペレーターズグループ、クラウド利用促進機構、クリエーションライン、国立情報学研究所、ミドクラ、モーフ・ラボが参加した。

http://www.atmarkit.co.jp/news/201010/22/openstack.html