オープンソース・クラウド基盤ソフト「OpenStack」がマイクロソフト「Hyper-V」をサポートへ

米国Microsoftはクラウドの普及促進を目指し、異例の動きに出た。オープンソース・プロジェクトに参加したのだ。
 米国Cloud.comは10月22日、Microsoftと協力し、オープンソース・プロジェクト「OpenStack」のソフトウェアとMicrosoftの仮想化技術「Hyper-V」に互換性を持たせることを明らかにした。
 OpenStackプロジェクトは、米国RackspaceとNASA(米国航空宇宙局)が7月、企業がデータやアプリケーションをクラウド間で容易に移動できるようにすることを目指して開始した。Rackspaceは、自社の従量制のオンデマンド・サーバ「Cloud Servers」とオンライン・ストレージ・サービス「Cloud Files」の基盤ソフトウェアのコードを寄贈しており、NASAは、同局のクラウド・プラットフォーム「Nebula」の基盤ソフトウェアを寄贈している。

http://www.computerworld.jp/topics/cloud/189597.html

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s