オープンソースのクラウドプラットフォーム「OpenStack」最新版公開、次期Ubuntuでも採用予定

オープンソースのクラウドインフラプラットフォーム・プロジェクトのOpenStackは2月3日、最新版「Bexar」を公開した。また、Ubuntuを開発する英Canonicalや米Cisco SystemsがOpenStackプロジェクトに加入することも同日発表された。OpenStackは、2010年7月に米航空宇宙局(NASA)と米Rackspaceが立ち上げたオープンソースのクラウドプラットフォーム開発プロジェクト。標準の確立とクラウドの相互運用を目指している。NASAが開発するクラウドコンピューティングプラットフォーム「Nebula」をベースとした仮想プライベートサーバープロビジョン・管理システム「OpenStack Compute」(Swift)や、Rackspaceのファイルストレージシステム「Cloud Files」を土台としたストレージ「OpenStack Object Storage」(Nova)などで構成される。OpenStackには米Citrix Systems、米Dell、米Intel、NTTデータなど約50社が参加している。

http://sourceforge.jp/magazine/11/02/07/0342201

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s