クラウド構築のソフトウェアを開発するスタートアップ、ミドクラがシードラウンドで約1億円を調達

ステルスモードで活動をしていた、クラウド構築のためのソフトウェアを開発する国内のスタートアップのミドクラ(2010年1月創業)がシードラウンドで1億1,300万円の資金調達を実施したことを発表した。今回の出資をしたのは、ネットエイジの西川潔氏をはじめ、ベンチャーキャピタルのサンブリッジのアレン・マイナー氏などの個人投資家と、NTTインベストメント・パートナーズ、データセンターを運営するビットアイル、独立系パッケージソフトウェアベンダーの1stホールディングスが名を連ねる。ミドクラの創業者でCEOの加藤隆哉氏は、グロービスの設立に携わりCSKの執行役員を務めた知る人ぞ知る存在である。

http://jp.techcrunch.com/archives/jp20110413midokura-cloud-computing-software-startup-in-japan/

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s