さくらインターネットも採用のブロケード、今後の取り組みは

ブロケードコミュニケーションズシステムズは6月1日、翌日の同社プライベートイベント開催に先立って、5月に米国本社が発表した戦略および新製品群と、国内事業戦略を紹介した。さくらインターネットがクラウドサービスの基盤として、同社のデータセンタースイッチ「Brocade VDX 6720」を採用したことも発表した。「プライベート・クラウド、パブリック・クラウド、ハイブリッド・クラウドにわたり、クラウドに最適化されたネットワーク機能を提供していく」というのが、ブロケードの基本的な方向性。オープンな環境を保ちながら、これを実現していくという。オープンさへの取り組みの1つの表れが、OpenFlowへの対応およびOpenStackとの連係だ。OpenFlowについては、2012年に対応の予定。ただし、これは同社のすべてのイーサネットスイッチでOpenFlowによる通信ができるようにするという意味ではない。

http://www.atmarkit.co.jp/news/201106/01/brocade.html

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s