オープンなクラウド・サービスを認定する「Open Cloud Initiative」が発足

2009年に大枠が決まり、その後幾度となく暗礁に乗り上げながらも、7月26日、非営利団体「Open Cloud Initiative(OCI)」がついに正式結成へとこぎつけた。同イニシアチブはコミュニティ・ベースで運営され、「オープン・クラウド原則(OCP:Open Cloud Principles)」の採用促進に取り組む。 OCIで役員を務める米国Apigeeの戦略担当副社長、サム・ラムジ(Sam Ramji)氏は、「OCIは、クラウドを真にオープンなものにするための原則を定義し、提供していく」と説明する。「Open Cloud Principles」とは何かを記したドラフトがすでにリリースされており、これに対するコメントを30日間受け付けている。 「オープン・クラウドの構築」については、これまでにもさまざまな取り組みがなされてきた。だが、OCIはそれらのどの取り組みとも違う、とラムジ氏は述べる。

Link

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s