Monthly Archives: July 2011

米Citrix 社長兼CEOのテンプルトン氏が“3PC”戦略など説明

シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社(以下、シトリックス)は7月7日、米Sitrix Systems 社長兼CEOのマーク テンプルトン氏の来日にともない、プレス向けのラウンドテーブルを開催した。テンプルトン氏は、5月に開催した「Citrix Synergy 2011 サンフランシスコ」で発表された、3つのクラウド“3PC”戦略や、「PC era to Cloud era(PCの時代からクラウドの時代へ)」への展開など、新たなコンセプトとあわせて、クラウドやデスクトップ仮想化への取り組みを説明した。

http://cloud.watch.impress.co.jp/docs/news/20110708_459180.html

シトリックス、マーク・テンプルトン氏が掲げる「3つのPC」戦略

じめにマーク・テンプルトン氏は「シトリックスの目指してきた仮想的なコンピューティングのインフラの世界が実現しつつある。そしてこれからはさらに大きな変革がもたらされる。それはコンシューマライゼーション–非ITの人がITの意志決定をするという世界だ。企業においては、営業部門、マーケティング部門などの人間が、SaaSの利用などを通じてITの意志決定をおこなう時代。企業のIT部門はこうした変化に対応していかなければならない。」と語り、さらに「これまでの人々の生活時間が、仕事とプライベートという明確な区分が無くなり、それぞれの時間が断片化し、スライス上になっている。この生活の変化をもたらすのは、スマートフォン、タブレット、ラップトップという3つのデバイスである」と今のビジネス環境に対する考察を語った。

http://enterprisezine.jp/article/detail/3312

クラウド、これからの1年を読む(前編) 注目すべき10の変化をとらえる 【予測3】オープンソース・スタックが真価を発揮

クラウド・コンピューティングの世界では、オープンソース・ソフトウェア・スタックの魅力がより鮮明になり、クラウド事業者であるラックスペース・ホスティングの「OpenStack」に対する関心とその導入機運が世界的に高まると思われる。実のところ、筆者は、ラックスペースのようなIT企業がオープンソース・プロジェクトを創設することには概して懐疑的である。というのも、その取り組みからは、『トム・ソーヤの冒険』のペンキ塗りのエピソードに似た“ずるさ”を感じることが多いからだ。

http://bit.ly/oSh6Sm

Virtualisation is the key to security woes

While IT shops and vendors struggle to apply security practices to virtualised systems, a Start-up called Bromium claims it will turn the question on its head, using virtualisation to secure all types of devices.  The idea is that a hypervisor can isolate and protect applications, turning the platform into the security tool. Bromium has some big names, particularly from Citrix and the community around the Xen hypervisor. Bromium co-founder and CTO Simon Crosby, said the question of how to secure virtualised systems, as opposed to using virtualisation to secure everything else, is “a yawn in my view.”

http://www.techcentral.ie/article.aspx?id=17106

OpenStack、商用への品質強化と“Everything as a Service”の方向へ

2011年4月に開催されたデザインサミットのトピックを中心に紹介する。技術的なトピックでは、必要な機能を全てサービス化するEverything as a Service、商用品質に向けた強化で幾つかの方向が示された。

連載第4回「OpenStack実用化への勢い ~NASAは開発から使う立場へシフト」では、2011年4月末に実施されたOpenStackデザインサミットのトピックを中心に、コミュニティーの動向とOpenStackプロジェクトの今後について紹介した。今回の第5回では、同デザインサミットで報告された技術的なトピックについて紹介する。

http://techtarget.itmedia.co.jp/tt/news/1107/01/news02.html

Web Host DreamHost Contributing Code for Ceph File System to OpenStack

(WEB HOST INDUSTRY REVIEW) — Web hosting provider DreamHost (www.dreamhost.com) announced on Thursday that it is contributing code to the OpenStack (www.openstack.org) open source cloud computing technology community.
DreamHost says it has been a strong supporter of open source software, and the community that surrounds it for many years, and views the opportunity to contribute to the development of OpenStack as a way to benefit the hosting industry at large.

http://www.thewhir.com/web-hosting-news/062311_Web_Host_DreamHost_Contributing_Code_for_Ceph_File_System_to_OpenStack