デル、クラウド環境向けマイクロサーバとOpenStackソリューションを発表

デルは8月24日、超高密度かつ省電力のクラウド・コンピューティング環境を実現する「Dell PowerEdge C5220 マイクロサーバ」を出荷開始した。同製品はCPUとして、1ソケット向けインテル Xeon プロセッサー E3-1200製品ファミリーを搭載している。公共・法人マーケティング本部 サーバ ブランド マネージャーの布谷恒和氏は、PowerEdge Cシリーズのポジショニングについて、「当社は2007年より、数万大規模のデータセンターに対し個々にフルカスタマイズして提供するDCSというビジネスを行っている。その導入例には、DCSマイクロソフトのBingやFacebookのデータセンターなどがある。DCSで得たノウハウを超数千台規模のサーバ向けに展開したものがPowerEdge Cシリーズとなる」と説明した。

http://journal.mycom.co.jp/news/2011/08/24/083/

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s