デルがクラウド向け高密度サーバ、OpenStack導入支援も

デルは8月24日、クラウド構築に向けた高密度サーバの新機種を発表した。また、オープンソースのクラウド構築・運用ソフトウェアOpenStackの導入支援の活動についても説明した。 新製品「Dell PowerEdge C5220マイクロサーバ」は当初、欧州のあるサービスプロバイダのための専用モデルとして開発されたもの。ラック単位の電源容量が限定されているようなケースでも、少ないスペースで多数のサーバを動かしたいというニーズに応えている。 同サーバは3Uサイズのシャーシに、1ソケットサーバモジュール(同社は「スレッド」と呼んでいる)を複数挿す構成。8枚あるいは12枚のスレッドを搭載できる。すなわち、3Uのサイズで最大48コア(4 コア×12)を提供可能。

http://www.atmarkit.co.jp/news/201108/25/dell.html

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s