HerokuがJava対応、過去の煩雑さとの決別うたう

Ruby向けPaaSとして成長してきたセールスフォース傘下のクラウドベンダ、Herokuは2011年8月26日、Java言語のパブリック・ベータサービス開始を発表した。7月にはNode.js(JavaScript)とClojure(JVM上のLisp方言)のサポートも開始しているため、Java言語は4番目の対応となる。Java対応は、これまで同様に「Cedar」(英語でヒマラヤ杉)と同社が呼ぶバージョンのソフトウェアスタックを用いる。現在のCedarのスペックは、

Ubuntu Server 10.04 (Lucid Lynx)
Ruby: MRI 1.9.2
Bundler: 1.1pre5
Node.js: 0.4.7
NPM: 1.0.6
JVM: OpenJDK 6

となっている。ほかのHeroku対応言語と同様に、分散バージョン管理システムのGitを使ったデプロイが可能。ロギングやスケーリングについても、ほかの言語と同様の手法が使えるという。依存関係は、デプロイ時にHeroku側でMavenを使って自動解決される。アプリケーションサーバには、Google App Engineでも使われているオープンソースのJettyを使っているという。

http://www.atmarkit.co.jp/news/201108/26/heroku.html

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s