サーバー仮想化のネットワークを支える新規格「EVB」とは

仮想化ソフトウエアを導入することで、一つの物理サーバーで複数の仮想マシンを稼働する“サーバー仮想化”の導入件数はだんだんと伸びている。サーバー仮想化環境では、物理的なスイッチだけで構成した場合と比べてネットワークの設計や運用で勝手が違う部分がある。例えば、1台の物理サーバー内の仮想マシン同士が通信するケースを考えてみよう。この場合、一般には仮想化ソフトなどに含まれるスイッチ機能(ここでは仮想スイッチと呼ぶ)がフレームの転送を担う。つまり物理サーバー内で、ソフトウエアによる閉じた通信が行われる。このような仮想スイッチによるフレームの処理に関して、スイッチベンダーなどがいくつかの課題を指摘している。

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/Watcher/20110928/369579/?ST=network

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s