レッドハット、高い分散コンピューティング性能、機能を備えた統合プラットフォームを発表 #cloudmix

レッドハットは10月5日、高性能な分散テクノロジーをベースにした統合プラットフォーム「Red Hat Enterprise MRG」を発表。同プラットフォームは米国、欧州で2008年から提供され、ドイツの証券取引所やアメリカ海軍などで採用されるなど高い実績を持っている。 発表会でまず、レッドハットのシニア・ディレクターであるブライアン・チェ(Bryan Che)氏が現在のストレージのトレンドについて語った。データの急増化が騒がれ、非構造化データの保存、また活用について注目が集まっている。チェ氏はこの非構造化データの増加により、企業に求められていることについて3つのケースに分けて語った。

Link

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s