「openSUSE 12.1」リリース、デスクトップ環境のアップデートや仮想化の強化が特徴 [ #opencloudjp ]

openSUSE開発チームは11月16日、最新安定版「openSUSE 12.1」をリリースした。デスクトップ環境には「GNOME Shell 3.2.1」を搭載、プライベートクラウド「ownCloud」やBtrfsスナップショット管理「Snapper」などの新機能が盛り込まれている。仮想化やクラウド機能も強化された。XenやKVM、VirtualBoxといった主要な仮想化システムに対応、クラウドではEucalyptus、OpenNebula、OpenStackなどを利用してクラウド構築できる。エンドユーザー向けには、KDEのオンラインストレージ「ownCloud」をサポートした。

http://sourceforge.jp/magazine/11/11/17/0437254

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s