2011年中堅・中小企業におけるサーバ環境の実態と展望に関する調査報告 [ #opencloudjp ]

(ZDNet Japan・企業情報センター) – <中堅・中小企業においてもサーバ仮想化を中心に据えた戦略立案が必要>
■テスト環境構築用途なども含めれば、サーバ台数2~4台でもサーバ仮想化は訴求可能  ■サーバ仮想化による台数削減効果はサーバ5台から、リソース有効活用効果は20台から ■サーバベンダシェアは単なる導入台数だけでなく、仮想化適用対象のシェアも考慮すべき ■ユーザ企業が今後望むサーバ仮想化ソフトウェアの形態はサーバやOSへの組み込み ■サーバ仮想化障壁解消のカギは中堅・中小ではSAN代替、大企業ではネットワーク関連
PRESS RELEASE(報道関係者各位) 2011年12月21日

http://www.asahi.com/business/pressrelease/CNT201112210046.html

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s