Daily Archives: January 13, 2012

Damien Katz氏がApache CouchDBから離反し、Couchbase Server開発を継続 [ #cbajp ]

我々はDamien Katz氏にインタビューした。氏はApache CouchDBを置き去りにして、Couchbase Serverを推し進めようとしている。また、コードの大半をErlangからC/C++へ移植しようとしている。この動きについてのコミュニティの反応も探った。CouchDBの作者であるDamien Katz氏は自身のブログでCouchDBの大規模な変更と自身の今後の仕事を発表した。氏はCouchbase Serverの開発を続けたいという意向を示している。Couchbase ServerはCouchDBにMembaseとMemcachedを組み合わせた製品だ。しかし、氏はこの製品を“絶対にApacheプロジェクトにはしない”としている。

http://www.infoq.com/jp/news/2012/01/Katz-CouchDB-Couchbase-Server

OpenStack における SDN コネクションを探求する _2 [ #copnecloudjp ]

OpenStack における Quantum と OpenFlow は、機能的に補完関係にあると説明されている。 ただし、Urquhart が指摘するように、OpenFlow の位置づけは、Quantum 抽象概念上のプラグインから利用できる、1つのメカニズムに過ぎない。 その点について、心に留めておいてもらいたいのは、OpenStack wiki で詳細に記述されるように、「OpenStack ネットワークにプラグインされる先進的なネットワーク・サービス(オープン・ソース/クローズド・ソース)」を構築するために、また、先進的なネットワーク機能を導入する、新しいプラグインの開発を容易にするために、Quantum  の利用が可能だという点だ。

http://wp.me/pwo1E-3NX

「仮想化分野のリーダーを目指す」――Red HatのLinux事業部門トップ、トットン氏 [ #opencloudjp ]

レッドハットは1月12日、同社の事業戦略に関する記者説明会を開催した。来日した米Red Hatのジム・トットン バイスプレジデント兼プラットフォーム事業部門長は「企業ITのあらゆる分野でオープンソースソフトウェア(OSS)の導入が進んでいる」とし、OSSに関する同社の取り組みを説明した。特に好調だというOS分野では、2011年12月6日にリリースしたRed Hat Enterprise Linux(RHEL)6.2の機能について説明した。トットン氏は「RHEL 6.2は単なるマイナーアップデートではなく、さまざまなアップデートが行われている」と話し、CPUの強化やID管理機能の強化をはじめとするアップデート点を紹介した。

http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1201/12/news142.html