「OpenNebula 3.2」リリース、VMwareサポートの強化や新管理ポータル、ユーザー管理機能の改良などが特徴 [ #opencloudjp ]

The OpenNebula Projectは1月17日、「OpenNebula 3.2」(開発コード「Red Spider」)をリリースした。OpenNebulaはVMwareやXen、KVMといった仮想化技術をサポートするオープンソースのクラウドコンピューティング管理ツール。 OpenNebulaではVMwareやXen、KVMなどの仮想化技術を用いたプライベートクラウド環境の構築/管理が可能。また、プライベートクラウドとパブリッククラウドを組み合わせた「ハイブリッドクラウド」の構築もサポート、複雑かつさまざまなハードウェア/ソフトウェアが混在する環境で利用できるのが特徴となる。

http://sourceforge.jp/magazine/12/01/18/047210

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s