レッドハット、仮想化環境管理の新版を国内でも提供–性能や拡張性などを向上 [ #opencloudjp ]

レッドハットは1月25日、仮想化環境管理の新版となる「Red Hat Enterprise Virtualization(RHEV)3.0」の国内での提供を開始した。Linux標準の仮想化技術「KVM(Kernel-Based Virtual Machine)」と、サーバやクライアントの仮想化管理ツールの機能を拡張したという。 RHEVは、ホストとゲストの両OSを集中して管理するコンソール「Red Hat Enterprise Virtualization Manager(RHEV-M)」とRHEV-Mが管理するための専用のハイパーバイザ「Red Hat Enterprise Virtualization Hypervisor(RHEV-H)」で構成されている。

http://japan.zdnet.com/virtualization/analysis/35013433/

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s