富士通、ビッグデータ向け「Hadoopパッケージ」を販売開始 [ #opencloudjp ]

富士通は2012年2月27日、ビッグデータ活用に向けたパッケージ製品「Interstage Big Data Parallel Processing Server V1.0」を販売開始した。4月末から提供する。オープンソースの分散処理ソフト「Apache Hadoop」を組み込んだバッチ処理基盤であり、「独自の分散ファイルシステムを採用して、性能と信頼性を高めた」(クラウドプラットフォーム開発本部の芳賀豊 DI技術開発室長)。 Hadoopで一般に使われるHDFS(Hadoop Distributed File System)の代わりに、独自の分散ファイルシステムを使用。マスターサーバーからスレーブサーバーに対して効率的にジョブを割り当てることなどで、「HDFSに比べて5~10倍のI/O性能を実現した」(芳賀室長)。

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20120227/383122/?ST=security

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s