なぜ「キー・バリュー型データストア」が注目されるのか [ #opencloudjp ]

クラウドに欠かせないのがスケーラビリティ、つまり大量の処理への対応です。そのためには、大量のマシンに処理を分散させる「スケールアウト」の方法が使われます。扱うデータの形式も、分散処理にふさわしい「キー・バリュー(key-value)」が主流です。前回で解説した「MapReduce」もkeyとvalue形式でデータを扱いますし、データベースにも「分散キー・バリュー型データストア」(以下単にkey-valueストアと呼ぶ)という技術が採用されるようになりつつあります。Googleの「BigTable」もそうです。

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20120306/384806/

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s