Daily Archives: April 3, 2012

Rubyのまつもと氏が「2011 Free Software Awards」受賞。「おもわず涙を流しそうになりました」とコメント [ #opencloudjp ]

フリーソフトウェアの推進のためにリチャード・ストールマン氏が創設したフリーソフトウェア財団(Free Software Foundation)は3月26日、「2011 Free Software Awards」を発表。フリーソフトウェアに貢献した人物としてRubyの生みの親、まつもとゆきひろ氏が「The Award for the Advancement of Free Software」を受賞しました。

http://www.publickey1.jp/blog/12/ruby2011_free_software_awards.html

Advertisements

【LinuxTutorial】次世代 Linux ディストリビューションに節目のリリース登場 [ #opencloudjp ]

Linux Planet の原動力は終わることなく続けられるコード開発作業にある。先ごろも、3つの主要 Linux の開発作業が節目の開発リリースに到達した。

1. Ubuntu 12.04 ベータ 1
Ubuntu 12.04(コード名:「Precise Pangolin(精緻なセンザンコウ)」)は、ほかの Ubuntu Linux リリースとは異なり、2010年の10.04 Lucid Lynx  以来の LTS(長期サポート)版だ。LTS 版はサポートが5年間提供され、基本的にはエンタープライズリリースとなっている。

2. Fedora 17アルファ
こちらはエンタープライズリリースではないが、Red Hat が支援する Fedora Linux コミュニティーの新バージョンも、完成へ向けてまた一歩前進した。Fedora 17(コード名:Beefy Miracle)は、Fedora でこれまで見られなかった多数のスパイス、ではなく新機能で味付けされている。

3. Linux 3.3 RC 6
各 Linux ディストリビューションの間には多数の違いが存在するが、すべてのディストリビューションの核となっているのが Linux カーネルだ。Linus Torvalds 氏が先ごろ Linux 3.3 rc 6をリリースし、2012年になって2バージョン目となる Linux カーネルがまた一歩完成版に近づいた。 

http://japan.internet.com/webtech/20120402/5.html

Eucalyptus と OpenStack のドックファイトが、さらに高度なクラウド戦争を引き起こす [ #opencloudjp ]

そして、OpenStack を考えると、この Eucalyptus の動きが、大きな問題を引き起こす可能性が見えてくる。その理由は、OpenStack IaaS の重要な差別化要因の 1つとして、彼らの API に関する概念があり、また、それが AWS の API と異なる点にある。それは、オープンなスタンダードの上に構築され、また、AWS などの非オープンクラウド・プロバイダに、顧客がロックインされるのを阻止するものである。 ただし、ここで注目すべきは、ロックインに対する懸念は、まったく変化していないが、全体的な問題に関する議論の余地が出てきたことである。

http://wp.me/pwo1E-44R