Eucalyptus、OpenStack、CloudStack――勢いがあるのはどれだ [ #opencloudjp ]

OSSクラウド・プラットフォーム市場を巡る“力学”が変化し続けている。 3月22日、プライベート・クラウド向けのIaaSプラットフォームを提供する米国Eucalyptus Systemsと米国Amazon Web Services(AWS)が提携し、「Eucalyptus」のAWS API対応を拡充していく方針を発表した。Eucalyptusは2007年、カリフォルニア大学で産声を上げ、2009年には商用OSSプロジェクトになった“古参”のプラットフォームだ。 一方、今週の4月3日、米国Citrix Systemsは「OpenStack」開発プロジェクトから離脱し、「CloudStack」プラットフォームをApache Software Foundationに寄贈したうえで開発を支援していく方針を明らかにした。OpenStackは2010年7月にRackspaceとNASAの協力によって誕生し、現在では150社以上が開発に参加している。 今回のCitrixの発表により、CloudStackとOpenStackは競合関係となった。

Link

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s