「OpenStack」開発の母体となるOpenStack Foundationが発足、米Red Hat、英Canonicalらがプラチナメンバーに [ #opencloudjp ]

オープンソースのIaaS(Infrastracture as a Service)構築スタック「OpenStack」のガバナンス団体となるOpenStack Foundationが4月12日(米国時間)、19社の設立メンバーと共に立ち上げを発表した。プラチナメンバーとして、米Red Hat、米IBM、英Canonicalらが名を連ねる。 OpenStackは米RackSpaceと米航空宇宙局(NASA)が開始したオープンソースプロジェクトで、それぞれの取り組みを合体させたものを2010年に初公開した。ライセンスはApache License 2で、最新版は4月5日に公開した「OpenStack 2012.1(Essex)」。100社以上が開発に参加しているが、これまで開発やコミュニティ活動にあたってきちんとしたガバナンス体系がなかったことから、RackSpaceは2011年10月にベンダー中立の立場をとるFoundation設立の意図を明らかにし、技術および財務支援を行う設立メンバーを募っていた。

http://sourceforge.jp/magazine/12/04/13/0359223

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s