Red Hat、「サブスクリプションモデルに移行したことには、まったく後悔していない」 [ #opencloudjp ]

米国 Red Hat が1999年に IPO を実施したときには、Red Hat Enterprise Linux(RHEL)はまだ存在していなかった。当時は単に Red Hat Linux と呼ばれており、6か月ごとに新しいバージョンがリリースされていた。だが、10年前に RHEL のサブスクリプションモデルが登場したときから、すべては変わった。2012年5月15日に行われた Webcast イベントで、Red Hat の上級副社長である Paul Cormier 氏は、この10年間のリリースとイノベーションの中で、最も重要な出来事は RHEL サブスクリプションモデルの誕生だったと語った。

http://japan.internet.com/busnews/20120517/3.html

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s