クラウドサービスAPIで仮想マシンを制御 OpenStack [ #opencloudjp ]

前回、OpenStackの五つの主要コンポーネントについて解説した。これらの各コンポーネントで構成されるIaaSの機能は、REST形式のクラウドサービスAPIを通じて実行される(表1)。仮想マシンイメージの登録や仮想マシンの起動・停止といった管理を、Horizonなどのツールから実施できる。 OpenStackのNovaでは、「Amazon EC2 API」「OpenStack Compute API」という2種類のAPIを備える。Amazon EC2 APIは、AWSが提供するクラウドサービスの互換APIである。「euca2ools」などのクライアントツールや、「Python boto」「RightAWS」といったクライアントライブラリから利用可能な他、「Hybridfox(Firefoxプラグイン)」によるGUI操作にも対応する。

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20120518/397468/

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s