Category Archives: Research

アメリカの 最強 IaaS プロバイダー Top-10 をリストアップ! [ #opencloudjp ]

私たちは、このリストを、Cloud Technology Partners および、Current Analysis、Enterprise Strategy Group、Gartner、IDC、Neovise といった組織に属し、パブリック・クラウドの IaaS に精通するアナリストたちの手助けにより、組み立てることになった  それらの人々は、エンタープライスの顧客をパブリック・クラウド・インフラの領域に引き込むことにおいて、最も影響力を持つと信じるクラウド企業を選別してくれた(たとえば、マーケット・シェアや、マインド・シェア、売上額、既存エンタープライスとのチャネル、基礎をなすテクノロジーなどで判断)。なお、以下のリストは、アルファベット順に並べられている。

http://wp.me/pwo1E-48U

業界別クラウド事例から学ぶ パブリック/プライベートの使い分け [ #opencloudjp ]

クラウドコンピューティングへの認識は確実に広まっているが、その実情はどうなのだろうか。参考になるのが、米Accenture Institute for High Performanceが2009年10月~11月に行った「Global Cloud Computing Survey」という調査だ。日本を含めた9カ国20以上の業界における669の大企業や公的機関のCIO、ビジネスリーダーを対象にしたクラウドに関する調査で、日本のアクセンチュアが「拡大するクラウド クラウド活用時代の夜明け」と題したリポートにまとめて公表している。

http://techtarget.itmedia.co.jp/tt/news/1204/16/news07.html

Open Source のコード品質は、商用ソフトを上回るという調査結果 [ #opencloudjp ]

10年前を振り返ってみると、大半のエンタープライズが Open Source ソフトウェアを避けていたものだが、それも変化してきた。 そして、いまでは、エンタープライズで利用される Open Source の比率は、75% を上回るという状況である。 そして Gartner の予測によると、5年以内に 99% のエンタープライズが、何らかの Open Source を適用することになる。 つまり、商用ソフトウェアの代用として、Open Source が軽んじられていた時代と比べて、Open Source を主たる選択肢とする考え方が、その勢いを強めていることになる。

http://wp.me/pwo1E-44B

クラウドコンピューティングはビジネスモデルを革新し、新たな雇用を創出する [ #opencloudjp ]

IBMの調査では、クラウドコンピューティングがビジネスモデルの革新を実現する6つのことが述べられている。またIDCの報告書では、クラウドコンピューティングは2015年までに全世界で1400万の雇用を創出すると予想されている。IBMは使われるビジネスモデルに対する影響の観点から、現在のビジネスへのクラウドコンピューティング活用方法および将来の計画について調査を実施した。調査は全世界で572名の経営および技術分野のエグゼクティブを対象に行われ、The power of cloud. Driving business model innovation (PDF)というタイトルで公開されている。

http://www.infoq.com/jp/news/2012/03/Cloud-Business-Model-and-Jobs

Linux Server が お気に入りの Fortune 500 企業は? [ #cbajp ]

Linux の初リリースから 20年が経った。 そして IDC は、ソフトウェア産業における $1 Billion のセグメントに、Linux が到達したと発言している。最近のことだが、Linux Foundation は Linux の利用に関する調査結果のサマリーを発表した。  現時点において Linux は、実際に使用されている全サーバー・マシンの、20% のマーケット・シェアを有している。  そして昨年は、Linux を使用する組織の 84% が、その数を増やしている。そして今年は、それらの組織の 80% が、さらなる Linux マシンのディプロイを計画している。

http://wp.me/pwo1E-3VY

Ubuntu Serverで最も使われているのは「Ubuntu 10.04 LTS」- Canonical調べ [ #opencloudjp ]

Canonicalは、Ubuntu Serverの調査報告書「Ubuntu Server Survey 2012」を公開したとブログにて発表した。この調査報告書は、Ubuntu Serverの利用者を対象に行なったアンケート結果を基にしており、3回目となる今回の調査では2011年度中に6000件以上の回答があったという。

http://news.mynavi.jp/news/2012/02/16/032/

日本と世界のインターネット・トラフィック – 2012年/1月 [ #opencloudjp ]

昨年末に続いて、Stat Counter のトラフィック分析結果をおクリッピングしてみました。 PC のブラウザに関しては、日本では依然として IE が強く、バージョン別に見た Chrome 16 は IE9 に続く 3番手ですが、世界で見ると IE8 を抜いてトップに立っている状況です。 また、また、Chrome 15 とのクロスフェードも完了し、日本と世界の双方において、Chrome 15 を使っているユーザーはほとんど居なくなりました。

http://wp.me/pwo1E-3UF