Category Archives: VMware

VMware が OpenStack に参加って マヂ ですか? [ #opencloudjp ]

世の中、何が起こるかわからない。 VMware が OpenStack Foundation に参加しようとしている。この団体は当初、サーバー仮想化における VMware の優位性に対するカウンターとして、業界の大手に支持されてきたのだ。 また、Intel と NEC も、Gold OSF メンバーとして参加しようとしている。OpenStack Foundation Wiki へのポストによると、ちょうどVMworld に間に合うかたちで、 VMware は Intel や NEC と共に、Gold メンバーとして OpenStack Foundation に参加しようとしているとのことだ。

http://wp.me/pwo1E-4EM

ニシラ買収に12億ドルを投じるヴイエムウェアの“真意” : ネットワーク仮想化技術だけでなく「オープンさ」も手に入れること [ #opencloudjp ]

米国VMwareが新たな進化を遂げようとしている。12億6,000万ドルを投じて米国Niciraを買収することで、VMwareはSDN(Software Defined Network)市場に進出するだけでなく、オープン規格、さらにはオープンソースのサポートを拡大する見込みだ。

link

ヴイエムウェアCTOに聞いた 「NiciraはどこまでVMwareから独立でいられるのか」 [ #opencloudjp ]

ヴイエムウェアCTOのスティーブ・ハロッド(Steve Herrod)氏は7月25日、アジア太平洋地域のジャーナリスト向けにNicira Networks買収について説明。10億ドルという買収金額は、ヴイエムウェアによる買収で過去最大であり、同社の戦略にとっての重要さを示していると話した。私の質問とハロッド氏の答えは次のとおり。

http://www.atmarkit.co.jp/news/201207/25/nicira.html

VMware、クラウド製品拡充を狙い、SDNの先駆企業Niciraを10億ドル超で買収 [ #opencloudjp ]

米VMwareは7月23日(現地時間)、SDN(Software-Defined Networking)のパイオニアであり、オープンソースのネットワーク仮想化製品を提供する米Niciraを買収することで合意に達したと発表した。買収総額は約10億5000万ドルで、約2億1000万ドルの株式褒賞資金も支払う。買収は2012年下半期に完了する見込みだ。Niciraは2007年創業の、カリフォルニア州パロアルトに拠点を置く非公開企業。共同創業者のマーティン・カサドCTO(最高技術責任者)は、SDNを実現するための標準と見なされる「OpenFlow」の開発で中心的な役割を果たした。

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1207/24/news044.html

ヴイエムウェア、Cloud Foundryにソースコード管理システムやツール提供 [ #opencloudjp ]

ヴイエムウェアは4月12日、オープンなPaaS「Cloud Foundry」のリリース1周年を機に、ソースコード管理システム「CloudFoundry.org」、新たなパートナシップ、大規模サービス運用ツール「Cloud Foundry BOSH」、マルチクラウド展開選択ツールを発表した。2011年4月にリリースされたCloud Foundry は、Apacheライセンスでソースコードを利用でき、アプリケーション開発・導入・運用を簡素化・高速化するために設計されたクラウドアプリケーション用プラットフォーム。Cloud Foundryは、開発者コミュニティによって、フレームワークやアプリケーションサービスのサポート、コード提供などが行われてきたが、コミュニティへの参加を促進するため、今回、新たなソースコード管理システム「CloudFoundry.org」を導入。

http://news.mynavi.jp/news/2012/04/13/015/

VMware の考える SDN は、OpenFlow だけでは完成しない [ #opencloudjp ]

この火曜日に VMware は、Open Networking Research Center という SDN に関する業界コンソーシアムを立ち上げるために、Stanford および Berkeley とチームを構成した。 いくつかの企業は、ネットワークにおける急激な刷新(破壊)を共有しようと試みるが、サーバーの仮想化において、つまりハイパー・バイザで実績を積み上げてきた同社は、そのようには見ていないようだ。なお、このコンソーシアムは、CableLabs/Cisco/Ericsson/Google/Hewlett-Packard/Huawei/Intel/Juniper/NEC/NTT Docomo/Texas Instruments/VMware を、そのファウンディング・スポンサーとして数える。

http://wp.me/pwo1E-491

VMware、「vSphere 環境と比較すれば、OpenStack は未成熟だ」 [ #opencloudjp ]

同社 CEO の Paul Maritz 氏は、OpenStack との競合について尋ねられた。OpenStack は、オープンソースのクラウドプラットフォーム。 IBM、AT&T、Cisco、Dell、Yahoo!、HP などの大手ベンダーからのサポートを受けている。この件について、Maritz 氏は次のように回答した。「現時点では、我々はもちろん OpenStack を意識しているし、OpenStack がかなりの注目を集めていることも知っている。これは、現在のクラウドへの注目の高さを考えれば別に驚くべきことではないだろう。顧客は、自社内で運用するデータセンターとパブリックデータセンターの運営を、両方ともクラウドモデルへと移行しつつあるからだ。この分野に取り組んでいるのが VMware だけだとしたら、それは逆に不自然だ」 OpenStack が業界からの高い支持を得ているとしても、Maritz 氏は心配していないという。

http://japan.internet.com/busnews/20120420/4.html

Cloud Foundry、コミュニティにハイライトを当てて1周年を祝う [ #opencloudjp ]

VMwareが主催したPalo Altoのイベントにおいて、Cloud Foundryチームはオープンソースのマルチ言語PaaS (Platform as a Service) としての1年目をまとめた。VMwareのCTOであるSteve Herrod氏はこのプラットフォームに持久力があることの証として、開発者たちの力強い参加と活発なエコシステムをあげた。VMwareはCloud Foundryのアクティブ顧客数を公開していないが、GitHubのソースコードには75,000を超えるダウンロード、3,300のforkとfollowerがあると発表した。このイベントのかなりの部分は、最近Cloud Foundryのサポートを表明した新しいパートナーのためのものだった。

http://www.infoq.com/jp/news/2012/04/cloudfoundry-anniversary

ヴイエムウェア、PaaS基盤ソフト「Cloud Foundry」への取り組みを強化 [ #opencloudjp ]

ヴイエムウェア株式会社は12日、PaaSを実現するための基盤ソフトウェア「Cloud Foundry」について、各種施策や新ツールを発表した。「Cloud Foundry」は、オープンソースのApacheライセンスで提供されているPaaS基盤ソフトウェア。2011年4月にリリースされてから1年が経過したことを受け、さまざまな取り組みが発表された。

http://cloud.watch.impress.co.jp/docs/news/20120412_525847.html

VMware、「CloudFoundry はクラウドの世界での Linux になる」 [ #opencloudjp ]

1年前、VMware は PaaS プロジェクト「CloudFoundry」を立ち上げた。2012年4月11日、同社は同プロジェクトの戦略について詳細を公表した。同社は、CloudFoundry による PaaS 市場の支配を狙っている。 VMware の CTO、Steve Herrod 氏は記者発表の席上で次のように語った。 「VMware は、CloudFoundry はクラウドの世界での Linux になると考えている」。 Linux は異なるハードウェアアーキテクチャ上で稼働する場合でも、その上で動作するアプリケーションに対して、高い移植性を提供する。 Herrod 氏によれば、CloudFoundry のコンセプトは、CloudFoundry が異なる IaaS 上で動作している場合でも、その上で動作するアプリケーションに対して、高い移植性を提供することなのだという。

http://japan.internet.com/busnews/20120413/2.html

「OpenNebula 3.2」リリース、VMwareサポートの強化や新管理ポータル、ユーザー管理機能の改良などが特徴 [ #opencloudjp ]

The OpenNebula Projectは1月17日、「OpenNebula 3.2」(開発コード「Red Spider」)をリリースした。OpenNebulaはVMwareやXen、KVMといった仮想化技術をサポートするオープンソースのクラウドコンピューティング管理ツール。 OpenNebulaではVMwareやXen、KVMなどの仮想化技術を用いたプライベートクラウド環境の構築/管理が可能。また、プライベートクラウドとパブリッククラウドを組み合わせた「ハイブリッドクラウド」の構築もサポート、複雑かつさまざまなハードウェア/ソフトウェアが混在する環境で利用できるのが特徴となる。

http://sourceforge.jp/magazine/12/01/18/047210

Cloud Foundry が .NET をサポートする! [ #opencloudjp ]

前途有望な PaaS プロバイダ Tier3 は、Cloud Foundry PaaS プロジェクトにおける .NET 実装をリリースすることで、この PaaS の世界に重要なコントリビューションを行うことになった。 この 4月に VMware が立ち上げた Cloud Foundry は、当初から各種のプログラミング言語とフレームワークをサポートしてきたが、すべての開発コミュニティを代表するような存在では、決して無かった。 しかし、それが変化しようとしている。 つまり、Tier3 による .NET コントリビューションが、ActiveState による Python や、Django と AppFog による PHP というイニシアティブに、仲間入りしようとしているのだ。

http://wp.me/pwo1E-3ED

Windowsで動くCloud Foundry ベースの PaaS、その名も Iron Foundry [ #opencloudjp ]

.NETベースって、じゃあ具体的に何がどうなの・・・というところですが、このIron Foundryがこの世に出てきたのがつい先ほど。現状ではほとんど情報が無い状態です。ですので、今の時点で分かっている事を書いていきますね。まずIron FoundryはCloud Foundryをベースにしたもので、オープンソースで開発されています。

http://blog.udcp.net/2011/12/13/ironruby-dotnet-based-cloudfoundry/

VMware の Cloud Foundry が、デベロッパーの 人気 No.1 になる理由は? [ #opencloudjp ]

デベロッパーたちは、クラウド・プラットフォーム上の作業に数多くのメリットを見出すと主張する。そして、そこには、プロジェクト効率の改善や、Web サーバーやアプリケーション・サーバーといった、プラットフォームが提供するコンポーネントを活用する能力などが含まれる。しかし、最も新しい PaaS が、最も高い評価を得るとは驚きである。

http://wp.me/pwo1E-3Dl

Joe’sウェブホスティング、パブリッククラウドのラインナップとして、VMware vSphere HypervisorとXenServerを追加

株式会社Joe’sウェブホスティングでは、パブリッククラウドとして、従来からのLXC(Linux Container), Virtuozzo (Linux版/Windows版), KVM(Kernel-based Virtual Machine)に加えて、VMware vSphere HypervisorとXenServerのVPSをラインナップに加えました。ともに月額750円からになります。最上位クラスでも、月額6,000円ですが、通常の専用サーバーと比較して遜色のない性能を示しています。今回提供する2種のハイパーバイザーは、ともにCloudStackから管理が可能で、仮想サーバー操作のためのグラフィックインターフェイスが充実しています。

http://www.dreamnews.jp/?action_press=1&pid=0000041833

VMware’s open source doppelganger gets cloudy

Convirture – an outfit that has long offered tools for managing open source hypervisors – will soon release a new version of its (partially) open source software that also oversees the use of various “infrastructure clouds”, including Amazon EC2 as well as similar but private services based on platforms such as Eucalyptus and OpenStack. On Tuesday, the San Francisco-based company uncloaked ConVirt Enterprise Cloud, a super-set of its existing open source platform, ConVirt Open Source. Founder and CEO Arsalan Farooq tells The Register that this commercially licensed product will be released in September, pitching it as a way for enterprises to consolidate the use of their entire virtualized infrastructure – or at least large pieces of it – under one piece of software.

http://www.theregister.co.uk/2011/08/23/convirture_enterprise_cloud_tool/