Category Archives: Apache

GoogleのリアルタイムビッグデータツールDremelがオープンソース化してApache Drillへ [ #opencloudjp ]

Googleには、今さら言うまでもなく、大量のデータがあり、それらを扱うためのツールを数多く作ってきた。中でもとくに有力な製品として、MapReduceやGoogleFSはオープンソースのApache Hadoopを生み、BigTableはApache HBaseを孵(かえ)した。でも、それで終わりではない。同社はその後もビッグデータを処理するためのツールを作り続け、それらに関する論文やドキュメントを次々と公開してきた。中でもDremelは、GoogleFSとBigTableに保存されている巨大なデータ集合のクェリを高速化する。Hadoop上のMapReduceのバッチジョブで数時間あるいは数日かかる処理も、Dremelではほとんど一瞬で結果が得られる*。〔*: Dremel, ホビー用の万能電動工具。〕そのDremelをオープンソース化する取り組みが、Apache Drillだ。

link

Netflix、クラウド向けの耐障害性テストツール「Chaos Monkey」をOSSで公開 [ #opencloudjp ]

Netflixは7月30日(米国時間)、「Chaos Monkey」を公開 した。Netflixは、アメリカの大手ムービーレンタル企業。Chaos MonkeyはNetflixが開発したクラウドサービス向けの耐障害性テストツールで、AWS(Amazon Web Services)上で動作するインスタンスに対して実行できる。Chaos MonkeyはAWS上で動作しているインスタンスの耐障害性をチェックできるツール。Auto Scaling Group(ASG)に登録されているインスタンスを、ランダムに停止する機能を提供する。NetflixはChaos MonkeyをGitHub で管理しており、ソースコードはApache License 2.0のもとオープンソースで公開されている。

http://news.mynavi.jp/news/2012/08/01/074/

CloudStackベースのクラウド管理「Citrix CloudPlatform [ #opencloudjp ]

6月28日、シトリックス・システムズ・ジャパンはクラウド管理ソフトウェア「CloudPlatform, powered by Apache CloudStack 3.0.3」、ビジネスサポート管理および運用サポート管理ソフトウェア「CloudPortal Business Manager 1.4」の国内提供を発表した。「CloudPlatform」は、同社が「Apache Software Foundation(ASF)」へ寄贈した「CloudStack」をベースに、新ブランドで展開しているクラウド管理ソフトウェアで、CloudPlatform, powered by Apache CloudStack 3.0.3がCloudPlatformブランドとして国内に初めて提供する新製品となる。シスコシステムズの仮想スイッチ「Nexus 1000v」やAmazon EC2 APIへの対応、ボリュームアップロードの搭載など、さまざまな機能強化を行なっているという。

http://ascii.jp/elem/000/000/705/705717/

クラウド基盤のCloudStackは年内にOpenFlow対応へ。今後のロードマップとApacheライセンスに変更した理由は? [ #opencloudjp ]

CloudStackがApacheライセンスに変更されたのは、GPLライセンスがパートナーなどに好まれなかったため。年内のバージョンアップでOpenFlowにも対応予定。シトリックスは引き続きOpenStackにも協力する。シトリックスのクラウドに関するマーケティング責任者が来日、都内で開催された「第7回 CloudStackユーザー会」で、今後のロードマップと、先日発表されたCloudStackのApache Software Foundationへのコード寄贈などについて解説しました。CloudStackはオープンソースで開発されているクラウド基盤。国内ではIDCフロンティアやNTTコミュニケーションズなどが採用しており、海外でもインドのTaTa CommunicationsやKorea Telecomなどが採用するなど、すでに多くの実績を持つソフトウェアです。

http://www.publickey1.jp/blog/12/cloudstackopenflowapache.html

「Apache HTTP Server 2.4.1」公開、6年ぶりの新たな安定版

世界で最も広く利用されているウェブサーバー「Apache HTTP Server」が、新たな安定版となる2.4系列の最初の一般リリース、バージョン2.4.1を公開した。2005年12月に2.2系列が登場して以来6年ぶりとなるメジャーリリースで、Apacheは公開されてから17年目を迎えることになった。 Apache Software Foundationでは、2.4系列は多数の機能強化によりクラウド環境に理想的なサーバーになったとしており、並行処理によるパフォーマンスの向上や、メモリ使用量の削減、非同期I/Oサポート、動的リバースプロキシ設定などを強化点として挙げている。

http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20120222_513656.html

Damien Katz氏がApache CouchDBから離反し、Couchbase Server開発を継続 [ #cbajp ]

我々はDamien Katz氏にインタビューした。氏はApache CouchDBを置き去りにして、Couchbase Serverを推し進めようとしている。また、コードの大半をErlangからC/C++へ移植しようとしている。この動きについてのコミュニティの反応も探った。CouchDBの作者であるDamien Katz氏は自身のブログでCouchDBの大規模な変更と自身の今後の仕事を発表した。氏はCouchbase Serverの開発を続けたいという意向を示している。Couchbase ServerはCouchDBにMembaseとMemcachedを組み合わせた製品だ。しかし、氏はこの製品を“絶対にApacheプロジェクトにはしない”としている。

http://www.infoq.com/jp/news/2012/01/Katz-CouchDB-Couchbase-Server

7年近くの歳月をかけてついに正式版リリースとなった「Apache Hadoop 1.0.0」 [ #opencloudjp ]

7年近くに及ぶ開発と微調整を経て、オープンソースの大規模分散並列処理フレームワークの正式版「Apache Hadoop 1.0.0」が2011年12月27日、同ソフトウェアのプロジェクト・チームによって公開された。Apache Hadoopプロジェクト・チームのバイス・プレジデント、アルン・マーシー(Arun Murthy)氏は、「ユーザーには、このリリースがオープンソース・コミュニティによってサポートされることを確信してもらえる。使いたい機能によって、使うべきHadoopのバージョンが違うという混乱はもう解消された」と述べている。

Link