Monthly Archives: September 2011

オープンなクラウドの中のXenServer 6とNetScaler

XenServer 6の概要について説明したシトリックスのプロダクトマーケティングマネージャー北瀬公彦氏は、AWS(Amazon Web Services)やラックスペース、ゴーグリッドなどの大手クラウド事業者がこぞってXen/XenServerを導入しているという点を説明。「米ラックスペースはもともとオープンソースのXenを使っていたが、2010年からはXenServerに切り替え、CloudStackなども導入している」と説明し、XenServerの導入も進んでいると説明した。国内でもデスクトップ仮想化やクラウドインフラ、エンタープライズなどの環境で、XenServerが次々と導入されており、2010年9月の同社調べでは30%がXenServerが使っているという。

http://ascii.jp/elem/000/000/638/638689/

Advertisements

サーバー仮想化のネットワークを支える新規格「EVB」とは

仮想化ソフトウエアを導入することで、一つの物理サーバーで複数の仮想マシンを稼働する“サーバー仮想化”の導入件数はだんだんと伸びている。サーバー仮想化環境では、物理的なスイッチだけで構成した場合と比べてネットワークの設計や運用で勝手が違う部分がある。例えば、1台の物理サーバー内の仮想マシン同士が通信するケースを考えてみよう。この場合、一般には仮想化ソフトなどに含まれるスイッチ機能(ここでは仮想スイッチと呼ぶ)がフレームの転送を担う。つまり物理サーバー内で、ソフトウエアによる閉じた通信が行われる。このような仮想スイッチによるフレームの処理に関して、スイッチベンダーなどがいくつかの課題を指摘している。

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/Watcher/20110928/369579/?ST=network

ミドクラ、本社機能をシンガポールに移転 資金調達を円滑に

クラウドコンピューティング技術を開発するミドクラ(東京・港、加藤隆哉代表取締役)は10月中に、本社機能をシンガポールに移す。海外投資家からの資金調達を円滑にするのが狙い。海外展開を目指す有望なベンチャー企業が、起業から間もない段階で海外に本拠を移す事例として注目を集めそうだ。

Link

企業内クラウドにOpenFlow適用、サーバー仮想化の利点を最大化

総合物流で最大手の日本通運は、国内の物流業務を支える基幹系サーバー群を仮想サーバーに移行させる、企業内クラウド(プライベートクラウド)の構築を進めている。物理サーバー約500台からなる現行の基幹系業務システムを順次仮想マシンに移し、最終的には約100台規模にサーバー台数を集約する計画である。この基幹プラットフォームの移行に当たって、日本通運は新しいネットワーク制御技術を導入した。「OpenFlow」である。例えば送信元とあて先が同一の一連の通信を「フロー」として定義し、そのフロー単位に経路を制御する仕組みだ。OpenFlowに対応したスイッチ製品を業務システムの実環境に導入し、運用しているのは、世界でも初めての事例である。

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/JIREI/20110902/368079/?ST=network

CloudStack 採用、IDCフロンティアの「NOAH」を試す

「NOAH」は国内大手のデータセンター事業者 IDCフロンティア が提供するパブリッククラウドサービスです。同社はNOAHというブランド名で2009年6月から仮想化サービスを展開してきましたが、2011年5月にCloudStackを採用した新しいクラウドサービスの提供を発表しました。CloudStackはすでに海外の大手事業者でも多数のクラウドサービスで利用されており、オープンソースベースであることから、今後広く利用が進むと見られています。NOAHでの採用にあたっても、オープンな技術によるサービス提供で 海外の主要クラウドサービスやオンプレミス環境との連携が重視されています。プレスリリースによると、以下のような特徴を備えています。

http://www.atmarkit.co.jp/fserver/articles/cloudstack/00/01.html

オープンソースのクラウドインフラOpenStack、最新版「Diablo」を公開

オープンソースのクラウドインフラ開発プロジェクトOpenStackは9月22日(米国時間)、最新版となる「OpenStack 2011.3(Diablo)」を公開した。ダッシュボード、ID管理、ネットワークの3プロジェクトが新たに加わり、ユーザーのニーズに応えた。 OpenStackは米RackSpaceと米航空宇宙局(NASA)が開始したオープンソースのIaaS(Infrastructure as a Service)プロジェクト。仮想プライベートサーバー向けプロビジョニング/管理システム「OpenStack Compute」(Nova)とストレージシステム「OpenStack Object Storage」(Swift)、イメージサービス「OpenStack Image Service」(Glance)の3つのコアプロジェクトを持つ。「Nova」はNASAが開発するクラウドコンピューティングプラットフォーム「Nebula」を、SwiftはRackSpaceのファイルストレージシステム「Cloud Files」をベースとしており、プロジェクトには米Citrix Systems、NTTデータなど約110社が参加。米Hewlett-Packard、米Dellなどが自社製品に用いている。

http://sourceforge.jp/magazine/11/09/26/0348252

Broadcom は NetLogic を買収し、リアルタイム・クラウドを目指す

Broadcom はモバイル・フォンとホーム・ネットワークのための、統合化されたワイヤレス用チップ・メーカーとして有名な企業である。 そして、同社は今日、NetLogic の買収を表明したが、$3.7 billion という大枚をはたいて、ネットワーキング・ギアの中にチップを埋め込んでいくという。 これは大型の買収であるが、その対価は適切に使われるだろう。 それは、何故なのか?

http://wp.me/pwo1E-3m6