Category Archives: Trends

VMware が OpenStack に参加って マヂ ですか? [ #opencloudjp ]

世の中、何が起こるかわからない。 VMware が OpenStack Foundation に参加しようとしている。この団体は当初、サーバー仮想化における VMware の優位性に対するカウンターとして、業界の大手に支持されてきたのだ。 また、Intel と NEC も、Gold OSF メンバーとして参加しようとしている。OpenStack Foundation Wiki へのポストによると、ちょうどVMworld に間に合うかたちで、 VMware は Intel や NEC と共に、Gold メンバーとして OpenStack Foundation に参加しようとしているとのことだ。

http://wp.me/pwo1E-4EM

Advertisements

中国のオープンソース普及状況 :安徽省河海大学の実践的カリキュラム [ #opencloudjp ]

今回は中国でのオープンソースソフトウエア(OSS)の浸透状況を見ていきましょう。上海から新幹線で2時間ほどの南京から、さらに車で1時間ほどの安徽省(省は日本で言う県に相当)にある河海大学を訪ねました。訪問の狙いは、今年開始した「AndroidやiPhoneに関するカリキュラム」の授業です(写真1)。例題をPCに打ち込み、重要ポイントはノートに書き写す。ビデオカメラを持ち込んで撮影している学生までいます。先生や学生の最新技術をどん欲に吸収しようとするハングリーさに圧倒されました。

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20120820/416741/?ml

関連イベントが次々に開催 アジアで盛り上がるOpenStackの最新動向 [ #opencloudjp ]

近年、クラウド・コンピューティングの発展が目覚ましく、IaaS(Infrastracture as a Service)に代表されるような仮想化環境の大幅な技術革新が進んでいます。その台風の目となっているのがOpenStackです。今回は、最近アジアで開催されたOpenStack関連イベントについてご報告します。

http://www.atmarkit.co.jp/news/201208/22/openstack.html

GoogleのリアルタイムビッグデータツールDremelがオープンソース化してApache Drillへ [ #opencloudjp ]

Googleには、今さら言うまでもなく、大量のデータがあり、それらを扱うためのツールを数多く作ってきた。中でもとくに有力な製品として、MapReduceやGoogleFSはオープンソースのApache Hadoopを生み、BigTableはApache HBaseを孵(かえ)した。でも、それで終わりではない。同社はその後もビッグデータを処理するためのツールを作り続け、それらに関する論文やドキュメントを次々と公開してきた。中でもDremelは、GoogleFSとBigTableに保存されている巨大なデータ集合のクェリを高速化する。Hadoop上のMapReduceのバッチジョブで数時間あるいは数日かかる処理も、Dremelではほとんど一瞬で結果が得られる*。〔*: Dremel, ホビー用の万能電動工具。〕そのDremelをオープンソース化する取り組みが、Apache Drillだ。

link

レッドハットが企業向け「OpenStack」ディストリビューションをリリースへ [ #opencloudjp ]

米国Red Hatが、オープンソースのIaaSプラットフォーム「OpenStack」をエンタープライズ向け製品としてリリースする計画を進めている。発売は2013年初旬をめどとしており、プレビュー・リリースの提供が始まった。Red HatのCTO(最高技術責任者)でワールドワイド・エンジニアリング担当バイス・プレジデントのブライアン・スティーブンス(Brian Stevens)氏は、「Red Hatでは、エンタープライズ・グレードのサービス提供を開始するうえで、OpenStackの次のリリースがちょうどよい頃合いだと見ている」と語る。「(提供を開始した)プレビュー・リリースを利用することで、顧客は(OpenStackの)展開や運用を体験することができる。そして何より大切なことだが、当社が製品を完成させる前に意見をフィードバックさせることができる」(同氏)。

link

イーベイ、自社開発環境に「OpenStack」を本格採用 ニシラのネットワーク仮想化技術と共に、将来的には導入規模拡大も [ #opencloudjp ]

ネット・オークション・サービス大手の米国eBayは8月6日、オープンソースのクラウド管理フレームワーク「OpenStack」を自社のアプリケーション開発環境に採用したことを明らかにした。IaaSプロバイダーのRackspaceが採用を発表したばかりのOpenStackだが、いよいよ著名な企業顧客もつかんだ。OpenStackを採用したいちばんの理由は、OpenStackが、Nicira Networksの提供するネットワーク仮想化プラットフォーム(NVP:Nicira Network Virtualization Platform)と統合されていることである。これにより、eBayは何百ものプロジェクトが必要とする仮想ネットワークを、オンデマンドに提供することができる。つい先日VMwareが買収を発表したNiciraは、OpenStackプロジェクトのネットワーク管理コンポーネント(開発コード:Quantum)における主要コントリビューターの1社である。また、eBayは従来からNiciraの主要顧客の1社として名を連ねていた。

link

Intel が思い描く、コモディティ SDN の構想 _1[ #opencloudjp ]

SDNと OpenFlow は、どちらも現実的なメリットをユーザーに提供するものであるが、これまでのネットワークからの移行が、ひと晩で起こるというものでもない。このペーパーにおいて Intel は、ロー・レイテンシ/ハイ・パフォーマンスと、高度なプログラミングを可能にする、10GbE FM6000/FM7000 イーサネット・スイッチ・シリコンを説明していく。それにより、ネットワーク・アドミニストレーターは OpenFlow と SDN へと向けて、段階的な移行を実現していけるだろう。 FM6000 シリーズのハイブリッド・イーサネット・スイッチは、独自の FlexPipe フレーム・アーキテクチャによるパイプライン処理により、OpenFlow と SDN に対する素晴らしいサポートを提供する。しかし、その一方では、伝統的なデータセンター・スイッチ・ソリューションとしての役割も担える。

http://wp.me/pwo1E-4×2