Monthly Archives: August 2011

Dell クラウドの 第一弾は VMware に決定! 第二弾で Azure と OpenStack

Dell は、VMware テクノロジー上で IaaS を立ち上げることにより、オフィシャルにクラウド・コンピューティング・プロバイダになった。 この動きは、Dell における 三分岐 IaaS アタックの第一弾となり、 Microsoft Windows Azure と OpenStack のプラットフォームも早急に取り込まれていく。 Dell は、そのフラッグシップ・サーバー・ビジネスに、強力なソフトウェア・プレイヤーを加えていくのに忙しい。しかし、その一方で、クラウドにおけるビジネス・モデルを、Dell は再構築しているようにも思われる。

http://wp.me/pwo1E-3iB

Advertisements

HerokuがJava対応、過去の煩雑さとの決別うたう

Ruby向けPaaSとして成長してきたセールスフォース傘下のクラウドベンダ、Herokuは2011年8月26日、Java言語のパブリック・ベータサービス開始を発表した。7月にはNode.js(JavaScript)とClojure(JVM上のLisp方言)のサポートも開始しているため、Java言語は4番目の対応となる。Java対応は、これまで同様に「Cedar」(英語でヒマラヤ杉)と同社が呼ぶバージョンのソフトウェアスタックを用いる。現在のCedarのスペックは、

Ubuntu Server 10.04 (Lucid Lynx)
Ruby: MRI 1.9.2
Bundler: 1.1pre5
Node.js: 0.4.7
NPM: 1.0.6
JVM: OpenJDK 6

となっている。ほかのHeroku対応言語と同様に、分散バージョン管理システムのGitを使ったデプロイが可能。ロギングやスケーリングについても、ほかの言語と同様の手法が使えるという。依存関係は、デプロイ時にHeroku側でMavenを使って自動解決される。アプリケーションサーバには、Google App Engineでも使われているオープンソースのJettyを使っているという。

http://www.atmarkit.co.jp/news/201108/26/heroku.html

Rackspace Readies OpenStack Training for Private Clouds

The OpenStack platform is evolving pretty rapidly, but there’s plenty left to do – like training. Companies looking to deploy OpenStack may have a hard time finding in-house talent or hiring folks with experience. To help pave the way for OpenStack growth, and to make a few bucks in the process, Rackspace has announced a global training program to get admins and developers up to speed. The OpenStack software training is five days and runs $3,000 per student. (For comparison, Red Hat’s one-day Cloud Architecture class runs about $1,600 per student.) The classes will be offered in Austin, Boston, London, and San Antonio in 2011. On-site classes for companies are also available, though pricing was not announced for the custom classes.

http://www.readwriteweb.com/cloud/2011/08/rackspace-readies-openstack-tr.php

デル、クラウド環境向けマイクロサーバとOpenStackソリューションを発表

デルは8月24日、超高密度かつ省電力のクラウド・コンピューティング環境を実現する「Dell PowerEdge C5220 マイクロサーバ」を出荷開始した。同製品はCPUとして、1ソケット向けインテル Xeon プロセッサー E3-1200製品ファミリーを搭載している。公共・法人マーケティング本部 サーバ ブランド マネージャーの布谷恒和氏は、PowerEdge Cシリーズのポジショニングについて、「当社は2007年より、数万大規模のデータセンターに対し個々にフルカスタマイズして提供するDCSというビジネスを行っている。その導入例には、DCSマイクロソフトのBingやFacebookのデータセンターなどがある。DCSで得たノウハウを超数千台規模のサーバ向けに展開したものがPowerEdge Cシリーズとなる」と説明した。

http://journal.mycom.co.jp/news/2011/08/24/083/

デルがクラウド向け高密度サーバ、OpenStack導入支援も

デルは8月24日、クラウド構築に向けた高密度サーバの新機種を発表した。また、オープンソースのクラウド構築・運用ソフトウェアOpenStackの導入支援の活動についても説明した。 新製品「Dell PowerEdge C5220マイクロサーバ」は当初、欧州のあるサービスプロバイダのための専用モデルとして開発されたもの。ラック単位の電源容量が限定されているようなケースでも、少ないスペースで多数のサーバを動かしたいというニーズに応えている。 同サーバは3Uサイズのシャーシに、1ソケットサーバモジュール(同社は「スレッド」と呼んでいる)を複数挿す構成。8枚あるいは12枚のスレッドを搭載できる。すなわち、3Uのサイズで最大48コア(4 コア×12)を提供可能。

http://www.atmarkit.co.jp/news/201108/25/dell.html

VMware’s open source doppelganger gets cloudy

Convirture – an outfit that has long offered tools for managing open source hypervisors – will soon release a new version of its (partially) open source software that also oversees the use of various “infrastructure clouds”, including Amazon EC2 as well as similar but private services based on platforms such as Eucalyptus and OpenStack. On Tuesday, the San Francisco-based company uncloaked ConVirt Enterprise Cloud, a super-set of its existing open source platform, ConVirt Open Source. Founder and CEO Arsalan Farooq tells The Register that this commercially licensed product will be released in September, pitching it as a way for enterprises to consolidate the use of their entire virtualized infrastructure – or at least large pieces of it – under one piece of software.

http://www.theregister.co.uk/2011/08/23/convirture_enterprise_cloud_tool/

Nebula Seeks to Remake Cloud Infrastructure With Commodity Hardware Appliance

In the era of big data, when the technology spread across businesses in all industries collects and produces ever-increasing volumes of information, sophisticated storage and analytic capabilities are proving to be a competitive differentiator. After all, what good is an ocean of data if the firm doesn’t have the ability to store and process it?  To many observers, the answer is in the cloud. But within the rather broad framework of cloud computing, businesses face an array of obstacles. For the risk-averse, the public cloud model might not be a good fit. Then again, proprietary offerings from vendors like Microsoft or EMC can be costly and complex to deploy, and they can deliver more features than the client actually needs or wants. In addition, many firms simply aren’t in the position to build their own cloud configuration in-house.

http://cloudcomputing.internet.com/networking_infrastructure/article.php/428028