Monthly Archives: May 2012

東陽テクニカ、OpenFlow対応のIPテストソリューションを販売 [ #opencloudjp ]

株式会社東陽テクニカは29日、OpenFlow対応のテストソリューションを国内で販売開始すると発表した。同社が代理店となっている米SpirentのIPパフォーマンステスター「Spirent TestCenter」において、OpenFlow対応のソフトウェアオプション「OpenFlow テスト・パッケージ」を提供する。 Spirent TestCenterは、リアルタイム/ハイパフォーマンスQoS解析など、さまざまな測定を実現するテスターソリューション。今回提供されるOpenFlow テスト・パッケージを追加することにより、OpenFlowネットワークを展開する上で最も重要な、エンドユーザーQoE(Quality of Experience)を事前に試験・評価できるようになる。

http://cloud.watch.impress.co.jp/docs/news/20120530_536218.html

Advertisements

クラウドサービスAPIで仮想マシンを制御 OpenStack [ #opencloudjp ]

前回、OpenStackの五つの主要コンポーネントについて解説した。これらの各コンポーネントで構成されるIaaSの機能は、REST形式のクラウドサービスAPIを通じて実行される(表1)。仮想マシンイメージの登録や仮想マシンの起動・停止といった管理を、Horizonなどのツールから実施できる。 OpenStackのNovaでは、「Amazon EC2 API」「OpenStack Compute API」という2種類のAPIを備える。Amazon EC2 APIは、AWSが提供するクラウドサービスの互換APIである。「euca2ools」などのクライアントツールや、「Python boto」「RightAWS」といったクライアントライブラリから利用可能な他、「Hybridfox(Firefoxプラグイン)」によるGUI操作にも対応する。

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20120518/397468/

IaaSを構成するOpenStackの主要5プロジェクト [ #opencloudjp ]

今回は、OpenStackで構築するIaaS環境とはどのようなものか、全体を俯瞰してみよう。OpenStackによるIaaS環境で中核となるのは、「Nova」「Glance」「Swift」「Keystone」「Horizon」という五つのコアプロジェクト(=コンポーネント)である。各コンポーネントと、クラウド管理者/テナント管理者/エンドユーザーの関係を示した。それぞれの概要を以下に紹介しよう。

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20120518/397467/

北陸先端科学技術大学院大学、クラウド基盤「CloudStack」で仮想サーバーを統合 [ #opencloudjp ]

シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社(以下、シトリックス)とクリエーションライン株式会社は28日、北陸先端科学技術大学院大学が「Citrix CloudStack」(現Citrix CloudPlatform)を利用したクラウドプラットフォームを導入したと発表した。同クラウドプラットフォームは、同大学情報社会基盤研究センターにて運用される仮想サーバー環境を統合管理し、2012年3月より教職員・学生向けにオンデマンドで仮想サーバーシステムを提供している。

http://cloud.watch.impress.co.jp/docs/news/20120528_536006.html

Cloud Foundryが開発者にもたらすメリット [ #opencloudjp ]

後編では、Cloud Foundryの詳細なアーキテクチャを解説する他、開発者がCloud Foundryを選ぶメリットを、実運用環境と開発環境の2つのケースで解説する。本項では、Cloud Foundryの技術的な解説およびCloud Foundryを選ぶべき理由、そして今後の課題についての3点について述べていく。

http://techtarget.itmedia.co.jp/tt/news/1205/21/news02.html

OpenLogic のスキャン調査によると、オープンソースが 730% も増えているらしい [ #opencloudjp ]

OpenLogic は、オープンソース・スキャナーおよび、オープンソース・ガバナンス・ソリューション、そしてコミュニティにより支持される、データセンターとクラウドのためのオープンソースをサポートするプロバイダである。そして今日の、同社におけるアナウンスによると、2011年 Q1 と 2012年 Q1 でスキャンしたファイル数を比較した結果、この一年の間にオープンソースが 730% 以上も増加していることが判明した。

http://wp.me/pwo1E-4g6

【LinuxTutorial】Red Hat が RHEL 6.3 Beta 投入 [ #opencloudjp ]

先月、Linux Planet は Ubuntu 12.04(Precise Pangolin:精緻なセンザンコウ)のリリースを祝った。Ubuntu の新バージョンではデスクトップとクラウドで大きな革新技術が投入されてたが、Linux Planet ではほかにも活発な動きを見せる集団がいた。Red Hat は先ごろ、Red Hat Enterprise Linux (RHEL)6.3の最初のベータをリリースし、エンタープライズ Linux ユーザー向けに数々のアップデートと新機能を投入してきた。

http://japan.internet.com/webtech/20120528/2.html