Category Archives: Rackspace

人類の未来はいじめられっ子にある, だから最後に勝つのはOpen Stackだ [ #opencloudjp ]

OpenStackは、人びとの神経を逆なでしている。それは、愛するか忌み嫌うか二つに一つしかない。だからこそこのオープンクラウドは生き延びる。激しく愛する者と激しく憎む者に世の中が二極分化するものは、最終的に勝つ。

link

Advertisements

イーベイ、自社開発環境に「OpenStack」を本格採用 ニシラのネットワーク仮想化技術と共に、将来的には導入規模拡大も [ #opencloudjp ]

ネット・オークション・サービス大手の米国eBayは8月6日、オープンソースのクラウド管理フレームワーク「OpenStack」を自社のアプリケーション開発環境に採用したことを明らかにした。IaaSプロバイダーのRackspaceが採用を発表したばかりのOpenStackだが、いよいよ著名な企業顧客もつかんだ。OpenStackを採用したいちばんの理由は、OpenStackが、Nicira Networksの提供するネットワーク仮想化プラットフォーム(NVP:Nicira Network Virtualization Platform)と統合されていることである。これにより、eBayは何百ものプロジェクトが必要とする仮想ネットワークを、オンデマンドに提供することができる。つい先日VMwareが買収を発表したNiciraは、OpenStackプロジェクトのネットワーク管理コンポーネント(開発コード:Quantum)における主要コントリビューターの1社である。また、eBayは従来からNiciraの主要顧客の1社として名を連ねていた。

link

ラックスペース、「OpenStack」ベースのプライベート・クラウド製品をリリース [ #opencloudjp ]

IaaS(Infrastructure-as-a-Service)プロバイダーの米国Rackspace Hostingと、ITソリューション・プロバイダーの米国Redaptは2月15日、両者の提携に基づきプライベート・クラウド製品「Rackspace Cloud: Private Edition」を提供していくと発表した。オープンソースのクラウド・インフラ・ソフトウェア「OpenStack」を採用している。 同製品は、OpenStackを基盤ソフトウェアとして構成されたハードウェア・パッケージとして提供される。ハードウェア・パッケージの統合やテスト、構成といった作業は、Redaptが北米と欧州に展開しているRedapt MergeCentersにおいて納入前に行われる

Link

Rackspace が提供する、OpenStack ベースのプライベート・クラウドとは? [ #opencloudjp ]

この月曜日に発表された Rackspace Cloud の Private Edition は、OpenStack ベースのプライベート・クラウドを、一般的な企業が構築するためのパッケージである。 Rackspace は、このプライベート・クラウドを運用し、サポートするサービスから売上を上げるだろうが、オープンソースである OpenStack オペレーティング・システムと、Rackspace が作成したリファレンス・アーキテクチャは無料である。

http://wp.me/pwo1E-3y0

揺れる OpenStack – HP、Dell、Cisco、Citrix の参加と圧力? [ #cloudmix ]

Rackspace は水曜日(10/5)のブログ・ポストを介して、OpenStack クラウド・コンピューティング・プロジェクトのコントロールを、独立した基盤組織に譲り渡すと発表した。 OpenStack は、Rackspace と NASA が協力し、2010年 7月に活動を開始した、オープンソースのクラウド・コンピューティング・プラットフォームのことであるそして、VMware や、Amazon Web Services などのプロバイダが提供する、クラウドのソフトウェアとサービスに代わる選択肢とされているが、コミュニティをコントロールする Rackspace への懸念により、ずっと悩みを引きずっていた。

http://wp.me/pwo1E-3tY

Rackspace、OpenStackを財団に委ねることを望む [ #cloudmix ]

Rackspaceは2012年までにOpenStackを完全に移管する財団を創設する意向であることを発表した。これはOpenStackがRackspaceによってコントロールされすぎるという懸念をやわらげ、真にオープンソースのクラウドコンピューティングプロジェクトになる機会をもたらすものだ。Rackspaceは彼らのストレージソースコードをオープンソース化し、Project OpenStackを立ち上げた。このプロジェクトには、昨年NASA Nebulaのコンピューティングエンジンも加わり、興味のある人ならだれでもプロジェクトに参加できるオープンなクラウドコンピューティングプラットフォームとして期待されている。ところが多数の企業がプロジェクトに参加する一方、開発リソースを投資する企業はあまりなかった。新しいコードを提供したのは8社だけで、ほとんどのコードはRackspace自身が書いたものだ。今回の件は、プロジェクトの今後の開発とプロジェクトガバナンスにおけるRackSpaceの関わり合いの大きさに対する懸念が関係しているのかもしれない。

http://www.infoq.com/jp/news/2011/10/OpenStack-Foundation

OpenStackプロジェクト、独立した非営利団体「OpenStack Foundation」の設立を発表 #cloudmix

米RackSpaceが支援するオープンソースのクラウドOSプロジェクトOpenStackは10月5日、非営利団体「OpenStack Foundation」を設立する計画を発表した。プロジェクトの独立性を尊重してのもので、ガバナンス体系を持ち、商標や著作権の保有などにも責任を持つ。 OpenStackは2010年7月にRackSpaceと米航空宇宙局(NASA)のエイムズ研究所が中心となって立ち上げたオープンソースのクラウド基盤ソフトウェア。設立時は約20だった支持企業・団体が1年で100を超えるなど、注目を浴びている。現在の参加企業・団体は110を超え、2011年9月に公開した「Diablo」を含む4回のリリースを行っている。米Hewlett-Packardや米DellなどがOpenStackを採用した商用のクラウド製品を展開しており、Ubuntuでも採用されている。ライセンスはApache License。

http://sourceforge.jp/magazine/11/10/06/0428245