Category Archives: Cloud Foundry

オリジナルのCloud Foundryサイトを構築する [ #opencloudjp ]

Cloud Foundryの強みは、オープンソース版を利用することでオリジナルのCloud Foundryサイト(注1)を立ち上げられることです。早速、オープンソース版を利用してCloud Foundryサイトを構築してみましょう。 オープンソース版のCloud Foundryのインストール方法には次の3つがあります。

1: 同梱されているbashスクリプトを利用して1台のサーバにすべてのコンポーネントをインストールする方法(オールインワン構成)
2: Boshと呼ばれるデプロイ管理ツールを利用して複数台のサーバにコンポーネントをインストールする方法(マルチノード構成)
3: 同梱されているbashスクリプトおよびBoshスクリプトを参考に、独自のセットアップスクリプトを自分自身で記述する方法(要件や環境制約に応じた構成)

今回は最も簡単な1の方法を利用します。まず、Ubuntu 10.04.4のサーバを用意してください。Ubuntu 10.04上に最低限必要なパッケージはopenssh-serverとcurlです。

http://www.atmarkit.co.jp/fnetwork/rensai/cloudfoundry02/01.html

Advertisements

Cloud Foundryが開発者にもたらすメリット [ #opencloudjp ]

後編では、Cloud Foundryの詳細なアーキテクチャを解説する他、開発者がCloud Foundryを選ぶメリットを、実運用環境と開発環境の2つのケースで解説する。本項では、Cloud Foundryの技術的な解説およびCloud Foundryを選ぶべき理由、そして今後の課題についての3点について述べていく。

http://techtarget.itmedia.co.jp/tt/news/1205/21/news02.html

Software Design 2012年5月号で自宅PaaSを作ろう:Cloud Foundry [ #opencloudjp ]

このblogを見ている人は、もうほとんどの方がチェック済のような気はしますが改めてご紹介。Software Design誌 2012年5月号にて、@dicekenと@hamaknが、第1特集を書いてます。

クラウドの力試し なぜCloud FoundryのPaaSがお勧めなのか?
第1章 PaaSが無視できない理由 (@diceken)
第2章 はじめてのCloud Foundry構築とデプロイ (@hamakn)
第3章 Cloud Foundryの中身を知る (@hamakn)
第4章 Cloud Foundryの実力を測る (@hamakn)
第5章 XaaS時代に、エンジニアはどうするべきか (@diceken)

どの章もとても良いものなのですが、特に第4章がおすすめ。複数ノードでのCloud Foundry構築方法を解説しています。複数ノードの構築はウェブ上にもそれほど情報が多くないため、とても参考になると思います。Cloud Foundryを深く知るためにも、是非お勧めしたい特集です。

http://blog.udcp.net/2012/05/04/software-design/

SpringSource、Cloud Foundry Eclipseプラグインのバージョン1.0をリリース [ #opencloudjp ]

SpringSourceはCloud Foundry Integration for Eclipseのバージョン1.0をリリースした。これにより開発者はIDEにいたままCloud Foundryアプリケーションを管理できるようになる。Cloud FoundryはVMware/SpringSourceによって開発されたオープンソースのPaaSソリューションであり(現在ベータ)、複数のプログラミング言語をサポートしている(JavaとScalaを含む)。

http://www.infoq.com/jp/news/2012/05/cloudfoundry-eclipse-plugin

Cloud Foundry と OpenStack の統合は、Piston Cloud が引き受けた! [ #opencloudjp ]

SAN FRANCISCO, CA, Apr 30, 2012 (MARKETWIRE via COMTEX) — Piston Cloud Computing, Inc. — 今朝のことだが、このエンタープライス OpenStack カンパニーは、新たなオープンソース PaaS プロジェクトである Cloud Foundry を、OpenStack 上で稼働させると発表した。 VMware からの協力を得るかたちで、 Piston Cloud は Cloud Provider Interface を開発し、それにより、OpenStack のクラウド・インフラストラクチャと Cloud Foundry を統合していく。 同社は、将来における Piston Enterprise OS のリリースにおいて、この、新たに統合される機能のディストリビューションとサポートするだろう。

http://wp.me/pwo1E-4aa

ヴイエムウェア、Cloud Foundryにソースコード管理システムやツール提供 [ #opencloudjp ]

ヴイエムウェアは4月12日、オープンなPaaS「Cloud Foundry」のリリース1周年を機に、ソースコード管理システム「CloudFoundry.org」、新たなパートナシップ、大規模サービス運用ツール「Cloud Foundry BOSH」、マルチクラウド展開選択ツールを発表した。2011年4月にリリースされたCloud Foundry は、Apacheライセンスでソースコードを利用でき、アプリケーション開発・導入・運用を簡素化・高速化するために設計されたクラウドアプリケーション用プラットフォーム。Cloud Foundryは、開発者コミュニティによって、フレームワークやアプリケーションサービスのサポート、コード提供などが行われてきたが、コミュニティへの参加を促進するため、今回、新たなソースコード管理システム「CloudFoundry.org」を導入。

http://news.mynavi.jp/news/2012/04/13/015/

Cloud Foundry、コミュニティにハイライトを当てて1周年を祝う [ #opencloudjp ]

VMwareが主催したPalo Altoのイベントにおいて、Cloud Foundryチームはオープンソースのマルチ言語PaaS (Platform as a Service) としての1年目をまとめた。VMwareのCTOであるSteve Herrod氏はこのプラットフォームに持久力があることの証として、開発者たちの力強い参加と活発なエコシステムをあげた。VMwareはCloud Foundryのアクティブ顧客数を公開していないが、GitHubのソースコードには75,000を超えるダウンロード、3,300のforkとfollowerがあると発表した。このイベントのかなりの部分は、最近Cloud Foundryのサポートを表明した新しいパートナーのためのものだった。

http://www.infoq.com/jp/news/2012/04/cloudfoundry-anniversary