Category Archives: HP

HPのパブリッククラウド「HP Cloud Services」がパブリックベータに [ #opencloudjp ]

米Hewlett-Packardは5月10日(米国時間)、試験提供中のパブリッククラウドサービス「HP Cloud Services」をパブリックベータとして一般公開することを発表した。HP Cloud Servicesはオープンソースのクラウドインフラ技術「OpenStack」を土台としており、米RackSpaceと並ぶOpenStackベースのパブリッククラウド事例となる。

http://news.mynavi.jp/news/2012/05/11/056/

Advertisements

「NetEvents 2012 APAC Press Summit」が香港で開幕、HPがOpenFlowやVANの優位性を説明 [ #opencloudjp ]

米ヒューレット・パッカード(HP)は、ネットワーク標準化規格になるとして注目を集める「OpenFlow」に対して他社よりも先行して取り組み、OpenFlow対応のスイッチを発売。ほかにも、「テンプレート」によってアプリケーション配信の最適化を追求したネットワーク仮想化の仕組み「Virtual Application Networks(VAN)」を発表している。

http://biz.bcnranking.jp/article/news/1204/120425_129654.html

当面は「二正面作戦」? HPのOpenFlow/SDN戦略は明確になったか [ #opencloudjp ]

日本ヒューレット・パッカード(日本HP)は4月24日、Software Defined Networking(SDN)に関するHPの戦略について説明した。同社は多数の機器をOpenFlowに対応させている。その一方で、少なくとも当面は、基本的にOpenFlowを使わない同社独自の技術を展開していく(日本HPの説明では、SDNという言葉をほとんど使っていないが、この言葉が一般的に示す内容に関する説明であるため、本記事では使用させていただく)。現在のところあいまいな概念である「SDN」に対する取り組みは、具体的に何を目的とするのかによってその内容が変わってくる。日本HP 執行役員 エンタープライズサーバーストレージ・ネットワーク事業統括の杉原博茂氏は、同社のネットワーク事業で、オープン性を維持しながらシスコを上回る機能とコスト効率を追求していきたいという。

http://www.atmarkit.co.jp/news/201204/25/hp.html

日本HP、ネットワーク仮想化やOpenFlowに関する施策を明らかに [ #opencloudjp ]

日本ヒューレット・パッカード(HP)は2012年4月24日、同社のネットワーク仮想化の仕組みである「Virtual Application Networks(VAN)」を発表した。VANは、HPが用意する「テンプレート」を選択するだけで、アプリケーションに最適化したネットワーク構成を設定できるというもの。同社はこのほか、同社のスイッチ16機種を、ネットワーク機器の新規格である「OpenFlow」に対応させたことなどを発表した。

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20120425/393261/

OpenFlowも積極的に!HPがネットワーク仮想化戦略を披露 [ #opencloudjp ]

4月24日、日本ヒューレット・パッカードは仮想化を前提としたネットワークにおいて、アプリケーションの展開を迅速に行なうための「Virtual Application Network」を発表した。また、OpenFlow対応の取り組みについても説明し、導入や管理の省力化を目指す。 Virtual Application Network(以下、VAN)はクラウド時代のネットワークビジョンとしてHPが提供するもので、テンプレートをベースにアプリケーション導入に最適化されたネットワークを自動構成する仕組み。製品としては、同社のFlexNetworkアーキテクチャでの統合管理を担う管理ツール「HP Intelligent Management Center(IMC)」のアドオンモジュールとして提供されるという。

http://ascii.jp/elem/000/000/689/689339/

「OpenFlowが重要なのではない」、HPが独自の仮想ネットワーク「VAN」発表 [ #opencloudjp ]

日本HPは2012年4月24日、OpenFlowへの取り組みと、同社の新しいネットワークビジョンである「Virtual Application Networks(VAN)」に関する記者説明会を開いた。「HPは今後、全世界的にOpenFlowを適用していく」(執行役員の杉原博茂氏)とOpenFlowへの積極姿勢をアピールする一方で、「VANが必ずしもOpenFlowを必要としているわけではない」(HPネットワーク事業本部長の大木聡氏)と、HPのOpenFlowに対する微妙なスタンスも垣間見える会見となった。

http://businessnetwork.jp/Detail/tabid/65/artid/2101/Default.aspx

HP、Ubuntu Linux のサポートを開始 [ #opencloudjp ]

Ubuntu の開発を支援する英 Canonical は2012年4月26日、Ubuntu の企業向け長期サポート版(Long Term Support:LTS)であるバージョン12.04 をリリースする。この Ubuntu 12.04 LTS は、HP の ProLiant サーバーにサポートされる最初の Ubuntu リリースとなる。Canonical のセールスおよびビジネス開発担当 VP である Chris Kenyon 氏は、InternetNews.com に対し次のように語った。 「今回の表明は非常に重要なものだ。HP は、同社のグローバル OS パートナーにUbuntu を加えた。Ubuntu は、ProLiant サーバーの最も利用されているモデルのほとんどで公式にサポートされることになる」

http://japan.internet.com/busnews/20120423/2.html