Monthly Archives: March 2012

「フラットなL2ネットワーク」を目指すネットワーク業界のアプローチ TRILL [ #opencloudjp ]

データセンター向けのレイヤ2(L2)ネットワークの世界でいま、ベンダー各社がそれぞれの方法で、新しい「フラットなL2ネットワーク」の技術を推進してきている。 各社のアプローチや実現技術は異なるが、いずれも「マルチパスイーサネット」や「イーサネットファブリック」などとも呼ばれる技術で、ループになるような冗長経路も含む物理的なネットワークを1つ作り、その中で2点間の経路などを動的に設定して構成していくのが特徴だ。 このシリーズ記事では、こうした新しいL2ネットワーク技術について、ベンダーごとに、各社が採用する技術を、実際に製品に反映していく戦略と合わせて話を聞いた。第2回は、マルチパスイーサネット技術としてTRILL(Transparent Interconnection of Lots of Links)技術を採用する、ブロケード・コミュニケーションズ・システムズ株式会社(以下、ブロケード)の新ネットワーク技術について取り上げる。

http://cloud.watch.impress.co.jp/docs/special/20120328_521782.html

さわって納得!RightScaleでサーバー管理が大きく変わる [ #opencloudjp ]

RightScale Platformは、大量のサーバーを効率的に管理するために作られたクラウド統合管理ツールで、米RightScaleから従量課金型サービスとして提供されている。Amazon Web ServiceやRackspaceをはじめ、韓国のKT、インドのタタ・コミュニケーションズなど、グローバルでさまざまなクラウドをサポートしているほか、CloudStackやEucalyptusなどのクラウド基盤に対応したプライベートクラウドの管理にも対応する。これら複数のクラウドをAPI経由で統合管理できるのが、RightScale Platformの最大のメリットとなる。

http://ascii.jp/elem/000/000/681/681394/

AppMobi の狙いは、Mobile + OSS + HTML5 の惑星大直列なのだ! [ #opencloudjp ]

Development Studio である appMobi が、HTML5 Web における効率と性能を高め、iOS と Android アプリ開発をハイブリッド化するためにデザインされた、jqMobi Framework のパブリック・バージョンを初めてリリースした。 jqMobi 1.0 は、オープンソース・コミュニティからコントリビュートされた、バグ・フィックス/迅速な改良/タブレット拡張を約束している。

http://wp.me/pwo1E-44f

NTTコミュニケーションズ、セルフサービス方式のクラウドを日米で提供 [ #opencloudjp ]

クラウドサービスを提供するデータセンターは、米国と日本で運用する。米国データセンターでのサービスは3月30日に、日本データセンターでのサービスは6月に開始する。CloudStackは、「Amazon Web Services」のような管理用APIを備えたIaaSを実現するためのソフトで、海外ではインド・タタコミュニケーションズや韓国KT、シンガポール・シンガポールテレコムなどがIaaS構築に採用している。日本でCloudStackベースのIaaSを提供するのは、IDCフロンティア、GMOクラウド、SCSKに続き4社目。

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20120328/388172/

NTT Comが日米で「月額上限付き」クラウドサービス、CloudStack採用 [ #opencloudjp ]

CloudnではCloudStackを採用、Amazon Web Services互換を含むAPIを提供する。NTT Comでは、Cloudnの今後のサービス/機能追加について、次のように説明している。4月にはオートスケール機能、7月にはCDN連携機能、10月にはオブジェクトストレージ機能を逐次追加。また、Cloudn上で動作するPaaSのトライアルサービスを7月に開始する。NTT Comでは3月30日から7月31日まで、最大3カ月、5000円分まで無料で使えるキャンペーンを実施するという。

http://www.atmarkit.co.jp/news/201203/28/cloudn.html

IDCフロンティア、セルフポータル型クラウドサービス「IDCFクラウド」の機能を強化 [ #opencloudjp ]

IDCフロンティア クラウドサービスは、「世界標準クラウド」「多様なバリエーション」「日本品質の信頼性」をコンセプトに、ITリソースを構築・管理できるIaaS型のパブリッククラウドサービス。2009年6月から国内データセンターでのサービスを開始した。専任担当による運用サポートを提供するマネージド型と、クラウド基盤に「CloudStack」を採用し、利用者は必要なときに必要なだけWeb経由でITリソースを構築・管理可能なセルフポータル型サービスを利用できる。

http://codezine.jp/article/detail/6507

CloudStack が目指す、AWS ライクな柔軟性 + グローバルな制御とは? [ #opencloudjp ]

今月のことだが、Citrix は CloudStack 3を出荷している。 それにより、エンタープライズ IT の構築/運用/管理が、柔軟な Amazon スタイルで容易に実現される。 つまり、CloudStack 3 の狙いは、ワールドワイドで運用される、プライベート/ハイブリッドなどの分散型クラウドのための、ハイパーバイザー/ネットワークなどのリソースを容易に利用させる点にある。 こうしたことを確かめるために、IDN は Citrix の Cloud Platform VP である Peder Ulander を取材した。

http://wp.me/pwo1E-43T