Monthly Archives: June 2012

オリジナルのCloud Foundryサイトを構築する [ #opencloudjp ]

Cloud Foundryの強みは、オープンソース版を利用することでオリジナルのCloud Foundryサイト(注1)を立ち上げられることです。早速、オープンソース版を利用してCloud Foundryサイトを構築してみましょう。 オープンソース版のCloud Foundryのインストール方法には次の3つがあります。

1: 同梱されているbashスクリプトを利用して1台のサーバにすべてのコンポーネントをインストールする方法(オールインワン構成)
2: Boshと呼ばれるデプロイ管理ツールを利用して複数台のサーバにコンポーネントをインストールする方法(マルチノード構成)
3: 同梱されているbashスクリプトおよびBoshスクリプトを参考に、独自のセットアップスクリプトを自分自身で記述する方法(要件や環境制約に応じた構成)

今回は最も簡単な1の方法を利用します。まず、Ubuntu 10.04.4のサーバを用意してください。Ubuntu 10.04上に最低限必要なパッケージはopenssh-serverとcurlです。

http://www.atmarkit.co.jp/fnetwork/rensai/cloudfoundry02/01.html

Advertisements

Google の OpenFlow バックボーンは、どのように機能しているのか_1 [ #opencloudjp ]

Google は SDN と OpenFlow を早い時期から支援してきており、また、先日の Open Networking Summit では、いくつかの詳細な情報を共有している。それは、このテクノロジーを用いて、世界の 12ヶ所に点在するデータセンターを、10G リンク上にリンクさせる手法に関するものである。そして、私は、さらなる詳細を知るために、Google の主任エンジニアである Amin Vahdat に話を聞いた。

http://wp.me/pwo1E-4lL

OpenFlow @ Interop 2012 のマトメ・ページ [ #opencloudjp ]

OpenFlow 祭り さながらだった Interop 2012 の、マトメ・ページです。 Google で検索しても、ヒットしてしまうトピックが余りにも多すぎて、必要な情報が得られませんでした。 そんなときに頼りになるのが、この Cloud News Japan のカテゴリです。 以下は、同サイトのカテゴリからリスト・アップした、OpenFlow 関連の情報です。

http://wp.me/pwo1E-4lF

CloudStack 3.0 拡張「ClassCat Cloud Hosting Edition v3.0」を7月から販売 [ #opencloudjp ]

Linux アプリケーションを企画・開発・販売するクラスキャットは2012年6月6日、「CloudStack 3.0」ベースのハイエンド プライベートクラウド新製品「ClassCat Cloud Hosting  Edition v3.0」を7月から販売する、と発表した。企業の情報システム部門におけるプライベートクラウド導入を想定しているが、ホスティング事業者のパブリッククラウド用途でも利用できる。CloudStack ロゴ ASF(Apache Software Foundation)プロジェクト CloudStack をクラウド基盤としており、マルチ ハイパーバイザに対応、Red Hat Enterprise Linux 6.2 の KVM 仮想化環境のほか、VMware vSphere も運用できる。

http://japan.internet.com/webtech/20120612/1.html

日商エレ、Citrix CloudPlatformとネットワークアプライアンスの連携ソリューション [ #opencloudjp ]

日商エレクトロニクス株式会社(以下、日商エレ)は12日、シトリックスのクラウド環境構築ソフト「Citrix CloudPlatform powered by Apache CloudStack」(以下、CloudPlatform)、アプリケーションスイッチ「Citrix NetScaler」と、ジュニパーのセキュリティアプライアンス「SRXシリーズ サービス・ゲートウェイ」(以下、SRX)を連携させたソリューションを、同日より販売開始すると発表した。

http://cloud.watch.impress.co.jp/docs/news/20120612_539531.html

クラウドサービスへの移行が進む NASA と OpenStack との関係は? [ #opencloudjp ]

オープンソースの OpenStack クラウドプラットフォームは、米国 NASA が Rackspace と共同で開発を行い、2010年に公開されたものだ。現在、このプロジェクトには Dell、HP、Cisco、IBM など180を超える企業が参加している。だが今週、OpenStack と競合関係にある Amazon Web Services の Jeff Barr 氏は同社の Blog に「NASA Saves Nearly $1M Per Year By Using AWS(NASA は、AWS の採用で、年間に100万ドル近い節約をした)」という記事を投稿した。Barr 氏の投稿は、NASA の CIO である Linda Cureton 氏の Blog への投稿がもとになったものだ。この投稿で Cureton 氏は、NASA が最近 IT の再構築を実施し、Amazon Web Services に移行したことについて触れている。

http://japan.internet.com/webtech/20120618/7.html

クラウド基盤ソフトウェアEucalyptus、次期版は完全にオープンソースに [ #opencloudjp ]

クラウドコンピューティングプラットフォームを提供する米Eucalyptus Systemsは6月19日(米国時間)、次期版「Eucalyptus 3.1」よりエンタープライズ版とオープンソース版を1本化するという方針を発表した。GitHubでコードを公開し、開発を進める。 Eucalyptusはプライベートクラウド向けクラウド基盤ソフトウェアで、IaaS(インフラ・アズ・ア・サービス)に分類される。米カリフォルニア大学サンタバーバラ校が研究した技術をベースとしており、Amazonの各種WebサービスとAPI互換がある。同様のIaaS技術にはOpenStackやCloudStackなどがあり、たとえば「Ubuntu」の英CanonicalがサポートするIaaSをEucalyptusからOpenStackに変更するなど、競争が続いている。

http://sourceforge.jp/magazine/12/06/19/2332224