Monthly Archives: April 2012

オープンソースの分散データベース「Apache Cassandra 1.1」公開 [ #opencloudjp ]

The Apache Software Foundationは4月24日(米国時間)、分散データベースの最新版となる「Apache Cassandra 1.1」を公開した。Cassandraはきわめて高いスケーラビリティを実現できるキー・バリューストア型のNoSQLデータベース。DynamoとGoogle BigTableの双方の技術を活用しており、大規模サイトで活用されている。

http://news.mynavi.jp/news/2012/04/27/008/

Advertisements

レッドハット、「Red Hat Enterprise Linux 6.3」ベータ版を提供開始 [ #opencloudj ]

米国Red Hatは4月24日、Red Hat Enterprise Linux(RHEL)の最新版となる「Red Hat Enterprise Linux 6.3」ベータ版の提供開始を発表した。RHEL 6.3ではセキュリティから仮想化まで、さまざまな機能が大幅に拡充される。新ツールの1つである「Virt-P2V」では、物理サーバで稼働するWindowsまたはRHELシステムを、KVMゲストとして実行可能な仮想マシンに直接変換できる。RHEL 6.3では、使用可能な仮想CPU数とメモリ容量が大幅に増えるため、これらのゲストをスムーズに動作させることができそうだ。

Link

オープンソースの CEO: Red Hat の Jim Whitehurst インタビュー [ #opencloudjp ]

最近Red HatのCEO Jim Whitehurstに、Red Hatにおけるオープンソース文化について話を聞く機会があった。そのとき彼は言った、それは目的地ではなく旅そのものである、と。Whitehurstによると、オープンソースの思想はRed Hatの企業文化のあらゆる面に浸透している。Whitehurstはインタビューの冒頭で、最近の18か月はRed Hatの転換点だった、と述べた。彼によれば、オープンソースが信頼と信用を勝ち取るための、長年の厳しい戦いがやっと終わり、顧客との最近の会話はパフォーマンスよりも価格が主な話題になる。また、Red Hatがエンタプライズマーケットプレースのプレーヤーとして、その能力を危ぶまれることは、もはやない。

http://jp.techcrunch.com/archives/20120427i-would-like-to-work-at-red-hat/

「NetEvents 2012 APAC Press Summit」が香港で開幕、HPがOpenFlowやVANの優位性を説明 [ #opencloudjp ]

米ヒューレット・パッカード(HP)は、ネットワーク標準化規格になるとして注目を集める「OpenFlow」に対して他社よりも先行して取り組み、OpenFlow対応のスイッチを発売。ほかにも、「テンプレート」によってアプリケーション配信の最適化を追求したネットワーク仮想化の仕組み「Virtual Application Networks(VAN)」を発表している。

http://biz.bcnranking.jp/article/news/1204/120425_129654.html

英Canonicalが「Ubuntu 12.04」を発表、UnityとOpenStackがLTSに [ #cbajp ]

英Canonicalは4月26日(英国時間)、最新のLinuxディストリビューション「Ubuntu 12.04 LTS」(Precise Pangolin)をリリースした。2年ぶりにリリースされる長期サポート(LTS)版となり、デスクトップGUIの「Unity」やクラウド技術「OpenStack」が特徴となる。Ubuntu 12.04 LTSは2011年10月に公開された「Ubuntu 11.10」(Oneiric Ocelot)以来のリリースとなり、LTSとしては2010年4月公開のバージョン10.04(Lucid Lynx)以来となる。Canonicalはサポート期間5年のLTSを2年に1度公開するサイクルをとっており、12.04はサーバー版とデスクトップ版ともに2017年までメンテナンスやセキュリティ修正を受けられる。

http://sourceforge.jp/magazine/12/04/27/0612233

UPDATE : 主要PaaSの機能と、ユーザーの開発トレンドを解説 [ #opencloudjp ]

調査会社のガートナーは2011年2月、PaaSのロードマップを発表した。広義のPaaS「Application Infrastructure Services」(アプリケーションインフラストラクチャ)に関する機能要件は、2011年では統合アプリケーションサーバなど多岐にわたっている。2013年ごろには、ユーザーが開発した個々のアプリケーションサービスとデータをホスティングして管理する「aPaaS(アプリケーションPaaS)」と、aPaaSがホスティングして管理するアプリケーションを連携させて統合する「iPaaS(インテグレーションPaaS」に統合され、2015年ごろに包括的なPaaSスイートへと集約されていくと予測している。

http://techtarget.itmedia.co.jp/tt/news/1204/26/news01.html

当面は「二正面作戦」? HPのOpenFlow/SDN戦略は明確になったか [ #opencloudjp ]

日本ヒューレット・パッカード(日本HP)は4月24日、Software Defined Networking(SDN)に関するHPの戦略について説明した。同社は多数の機器をOpenFlowに対応させている。その一方で、少なくとも当面は、基本的にOpenFlowを使わない同社独自の技術を展開していく(日本HPの説明では、SDNという言葉をほとんど使っていないが、この言葉が一般的に示す内容に関する説明であるため、本記事では使用させていただく)。現在のところあいまいな概念である「SDN」に対する取り組みは、具体的に何を目的とするのかによってその内容が変わってくる。日本HP 執行役員 エンタープライズサーバーストレージ・ネットワーク事業統括の杉原博茂氏は、同社のネットワーク事業で、オープン性を維持しながらシスコを上回る機能とコスト効率を追求していきたいという。

http://www.atmarkit.co.jp/news/201204/25/hp.html